スポンサーリンク

「うちの子全く勉強しない!!」←塾のせいかもしれません…

勉強のやり方
スポンサーリンク

私自身家庭教師として生徒募集をしていますが、
その面談の際によく言われることが、
「うちの子全く勉強しないんですよ…」
というセリフです。

これ、もちろん塾に通っていない方で、
学校の宿題もほとんど出ないから
何すればいいかわからない、
という状態であれば納得なのですが、
塾に通って宿題も提示されているにも関わらず、
この状態に陥っている人もいます。

そうなると、当然保護者の方からすると、
「子どものやる気がない!!」
と思ってしまうわけです。

ただ、ちょっと待ってほしいのです。

それ、実はお子さまのやる気の問題ではなく
塾に問題があるという可能性もあるのです。

スポンサーリンク

勉強をさせるための大原則

勉強は多くの人にとって嫌なものです。

勉強しない子の大半は、
勉強を嫌いだと思っているでしょう。

ですから、当然自然体では
勉強なんてしないものです。

特に受験学年でない
中学1・2年生とかであれば、
テスト期間以外勉強しない生徒がほとんどです。

むしろテスト期間勉強していればいい方だと思います。

テスト期間でさえ
ろくに勉強しない人なんてざらにいます。

そんな生徒に普段から勉強させるのは、
簡単なことではありません。

私は、生徒に普段から勉強させるためには、
いくつか条件があると思っています。

次にあげる条件に1つも該当しなければ、
生徒は絶対に勉強しません。

①勉強が好きである。
②勉強の必要性を理解している。
(勉強が将来何の役に立つのか理解している。)
③やるべきことが具体的にわかっている。

どうでしょうか。
お子さまはどれかに該当していますか。

たぶんいずれにも該当しないと思います。

ただ、逆に言えば、
このうちの1つでも該当していれば、
勉強できる可能性はかなり高くなると思っています。

子どもが勉強するためには??

では、
いざ勉強させるためにはどうすればいいかということですが、
上記の3つの条件のどれかに該当するようにします。

まず「①勉強が好き」ですが、
これはまあすぐには難しいので、
いったんあきらめましょう。

「②勉強の必要性の理解」ですが、
これも長い間かけて説明が必要ですし、
何より本人が心から納得する必要があります。

あとは、私たち社会人は
大人になって必要性を認識することもありますが、
学生の間に必要性を実感することは
多くはないでしょう。

結果的に、
他の人からの働きかけによって勉強させるためには、
「③やるべきことが具体的にわかる」
という条件を満たさせることが
最も効果的で即効性があると言えそうです。

ここで質問ですが、
皆さまのお子さまに課されている宿題は
どのようなものが多いでしょうか。

例えば、英単語の宿題について、
「1~20まで覚えてきて」
こういう出され方をしていないでしょうか。

私はその生徒の学力によって
出す宿題の形式を変えていますが、
日常の勉強の習慣がない生徒には、
このような宿題の出し方はしていません。

なぜなら、「どうやって勉強するか」が
具体的でないからです。

「単語を覚える」ということも、
・見て覚える
・音読で覚える
・書いて覚える
・単語帳を作成する
などやり方は様々です。

さまざまであるということは、
その裏腹でやり方がわからなくなりやすい
ということです。

生徒からすると、
「どうやって覚えたらいいかわからない」
という状態に陥ってしまうということです。

あるいは、
少しひねくれた考えかもしれませんが、
生徒に「どうやって勉強すればいいかわからない」
という言い訳を与えてしまうことになります。

ですから、こういう生徒には
私は具体的な「作業」として宿題を出します。

例えば、「1~20の英単語を10回ずつ書いてきて」

といった形です。

こうすれば、
生徒がやることは明確ですし、
変な言い訳もできません。

これでやらないというのは
完全に生徒の責任になります。

確かに、人によっては
書かないで音読の方が効率的に覚えられるとか、
そういった意見もあると思います。

しかし、今想定している生徒は
そういった効率どうこうの話ができるレベルでは
ありません。

まずは毎日勉強をさせることが必要なレベルです。

いくら効率的な勉強方法を示しても、
それを生徒がやらなければ意味はありません。

私の記載したような宿題であれば、
講師も客観的に確認することができます。

「やってはいたんですけど…」
みたいな言い訳は不可能です。

ここまでやれば、
大体の生徒は宿題をやってきます。

そして、徐々に学習の習慣がついてきた後に、
生徒のやりたい方法で勉強させるのです。

ここまでして勉強しない生徒については、
仕方ありません。

強制的に自習室に来させるとか、
そういった措置が必要になると思います。

ここまでくると
このような一般論では通用しなくなりますから、
塾や学校の講師に相談するようにしてください。

まとめ

さて、本日は勉強できない生徒について、
それが宿題の形式のせいなのでは、
という意見を書かせていただきました。

外から確認可能で、
やることが明確な宿題を提示すれば
大概の生徒はやってきます。

しかし、こう言っては元も子もありませんが、
究極的には本人のやる気次第です。

そして、勉強の必要性を
説得力を持って伝えるのは
保護者の方々や学校・塾の講師の責任だと
思っています。

もちろんすぐにどうこうなるものではありませんが、
就活に有利とかそういううわべの言葉ではなく、
本来的な必要性を訴えていくということだと思います。

本質的な勉強の必要性については、
また別の機会に語らせていただければと思います。

【紹介】(附属高校受験ならお任せください!)オンライン個別指導塾 橋本

日々こうして受験や勉強についての情報を発信させていただいておりますが、
私自身で附属高校受験を中心としたオンライン個別指導塾を経営しております。

無料の面談や体験授業等もございますので、
お気軽にご連絡ください。
サービスの押し売り等は決して致しません。

詳細は以下の記事を参照ください。よろしくお願い致します。

【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 | 【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 (aspirationalregularworker.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました