スポンサーリンク

【元大手塾講師が解説】ここで選ぶと失敗する!?塾の選び方!!

塾・家庭教師
スポンサーリンク

今回は、塾の選び方について解説致します。

私は中学生の頃から、集団塾に通っていました。塾は親が選んでおり、自身では特に関与していません。

今となっては、高校受験も第一志望に合格し、その両親の塾選びにも非常に感謝しております。一方で、塾講師として働いた経験から、「正直ここは勧められないな…」と思った塾があるのも事実です。

そこで、これからお子さまを入塾させる方向けに、何を見て塾を選ぶのがいいのか、私なりに思うことを記載させていただきます。

これから入塾させる方以外にも、「今の塾で大丈夫だろうか…」と不安になっている方も、是非これから言うポイントを再確認していただき、優良な塾かどうかの見極めの参考にしてみてください。

また、今回は集団塾に限らず、個別指導にも通じるよう書いてみましたので、そのあたりを考えている方も参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

各塾のHPを見る際に注意するポイント

まず、ネットで塾を探す場合、ネットで検索をかけ、各社のHPを見るということになるとは思いますが、この際にいくつか注意事項があります。

まず、その塾作成の他社比較を参考にしないことです。よく、自社作成の比較であるのは、料金やサービスの質、生徒数などです。

他塾のついては「EKゼミナール」や「Wアカデミー」など伏字をし作成しています。また、集団塾と個別塾を、「質問のしやすさ」や「モチベーションの維持」、「料金」などの観点で対比している表も見受けられます。

これらすべて、参考にしてはなりません。

なぜなら、こんなものは作る側の主観でしかないからです。ものは言い様ですから、いくらでも自分に有利なように作ることができます。

いやでも、「料金」は決まり切っているものだから、自分に良いように見せられないだろう、

そう思う方もいらっしゃると思いますが、それも間違いです。

例えば、同じ「料金」でも無料の補習がついていたり、自由に質問ができる環境だったり、自習が自由にできるかなど異なります。例えば1時間ごとの「料金」で比較表を作成するとすれば、この無料の補習の時間を授業時間に含めるか否かで変わってくるということです。これは作成する塾の裁量になります。

また、個別指導が有利になるようにしたければ、「料金」を「教師1人が生徒にかける時間」などで割ることで、集団塾よりも割安に見せることができるでしょう。

このように、比較表はその作成元の解釈によるところが多いですから、参考にしない方がいいと思われます。

加えて、特に大手塾の合格実績も気にしてはいけません。大手の塾で「特待生」の制度があるのはご存じでしょうか。これは、成績優秀な生徒の授業料を免除するような制度です。これにより、もともと成績が優秀な生徒を獲得し、合格実績の見栄えをよくしているのです。

ひどい場合だと、その塾に在籍のみ、あるいは週や月に1時間程度の授業を受けるのみで在籍とし、自分の塾の合格実績にカウントするというようなところも聞いております。

一方で、個人経営など、そういった財力がない塾であれば、むしろこのようなことは難しいと考えられますから、素直に参考にしてもいいかもしれません。

口コミサイトは参考にしてはいけない!!

よく、塾の体験談などが投稿されている掲示板などがあります。こちらを見ることで、入塾している生徒の生の声を聞くことができる、そう思っている方も多いのではないでしょうか。

これはもちろん間違いではないのですが、これを鵜呑みにするのも危険です。

というのも、私が以前勤めていた塾では、とある口コミサイトへ投稿することで、授業料を一部免除するような制度があり、それを確かめるためという名目で、投稿の内容を講師がチェックしていたからです。

これでは、生徒も思ったことを書くことができません。むしろその掲示板では、不自然なほどの高評価で埋まっていました。

ですので、否定的な意見までしっかりと記載のあるような掲示板であれば信頼できるかもしれませんが、ポジティブな内容が極端に多いなどあれば、そういったことを疑う必要があるかと思います。

では、何を参考に選ぶべきか??

では、何を参考にして塾を選ぶべきでしょうか。そもそも、皆さんは塾を選ぶ際に何を一番重視しますか??

料金でしょうか、それとも授業の量??自習室の有無??合格実績??

私個人の考えとしては、「料金」と「授業の質」のバランスが一番重視するべきと思います。もちろん、いくら「授業の質」がよくても、法外な「料金」を取るようでしたら選択肢から外すべきです。

これから塾を選ぶという方で迷われている方の多くは私の考えと同様と思っています。そもそも「料金」だけで選ぶということでしたら、各社で単純に比較すればいいだけなので、それほど悩む必要がありません。

なるべき安い料金で高い質を求めたいから、塾選びに悩むわけです。

「料金」はHPに記載があるとして、「授業の質」はどこで確認するべきでしょうか。そもそも「授業の質」とは、何で決まると思いますか??そろそろ前置きが長くなってしまったので、結論に向かいます…

「授業の質」は「講師の質」で決まります。もちろん各塾で「講師の質」を高めるための研修は頻繁に行われているかと思いますが、そのあたりを一般人が知ることは難しいです。

そこで、一番手っ取り早く「講師の質」を知る方法が、その塾の「求人情報」を見ることです。

例えば、「求人情報」に「大学生・未経験歓迎」と書かれていたらどうでしょうか。それと比較し「プロ講師のみ・大学生不可」、こちらの記載ではどうでしょうか。

もう何が言いたいかおわかりいただけたでしょう。

これはまた別の機会にお話しできればと思いますが、大学生のバイトの講師とプロの講師との手腕の差は歴然です。私も大学生のときにアルバイトとして塾講師の経験があり、今も家庭教師として指導をさせていただいておりますが、やはり昔と今では教えられることも全然異なると感じています。

いくら研修制度が充実していても、このあたりの差を簡単に埋めることはできません。

ですので、多少料金が高くても問題ないという方であれば、「求人情報」から「プロ講師のみ」のような記載のある塾を選ぶのがよいでしょう。

「プロ講師」でなくても、「社会人のみ」「大学院生以上」「経験者のみ」など、講師の質を求める求人は多いですから、そのような塾を選ぶことで、自ずと塾講師の質も担保されることになります。

是非参考にしてみてください。

今後、当ブログでは今申し上げたような、塾の裏側についても記載してまいります。今後とも、よろしくお願い致します!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました