スポンサーリンク

【医学部受験】医学部英語攻略に向けた戦略について

勉強のやり方
スポンサーリンク

本日は、医学部英語攻略に向けた戦略ということで、

医学部英語の他学部との違いを解説した上で、

医学部受験生が特に重点的に学習するべきことを説明させていただきます。

スポンサーリンク

他学部の英語試験との違いとその対策

英語の分量が多い

まず、特徴として挙げられることは長文読解における英文が長いことです。
もちろん学校により異なりますが、概ねどの学校においても分量が多く時間も厳しいです。

これは、大学進学後も英語の文献等を読む機会が多く、

一定程度処理速度が求められるからと思われています。

さて、これだけを見ると速読が必要だと思ってしまう方が多い

(塾などでも、「速読法習得講座」などと称し講座を取らせることがあります)

ですが、実際はそうではありません。

特殊な速読法を身に付けなくとも、正しい読み方を身に付けることで十分に解き終えることが可能です。

「正しい読み方」とは、「前から、語順の通りに訳していくこと」です。

英語を日本語に訳す際、後ろに訳していく方がきれいな日本語に直ることが多いですが、

それでは同じ文章を何往復も読み直す必要があり時間がかかります。

語順の通り、英語を頭から訳し1回目を通すだけで意味を理解する力が必要です。

ただ、それは特別なことをやるわけではありません。

文構造を正しく取る練習を繰り返すことで、徐々に瞬時に構造を理解することができ、

結果的に1回読むだけで意味をとらえることができるようになります。

繰り返しますが、特殊な速読法は全く必要ありません。

医学的なテーマが出題される

英文読解のテーマに、医学的な内容や自然科学系の内容が

取り上げられることが多いです。

他学部でも、その学部に関連することがそのまま英文読解の内容になることがありますので、

これ自体が珍しいということではありませんが、

他学部よりもこの現象が多い印象です。

圧倒的に、医的知識を持っている人の方が有利です。

また、単語も医学に関連するものが多く出題されます。

医的知識については以前もブログで記載しましたが

ニュース等を確認しトレンドを確認することが大切です。

単語は医学関連のものをまとめて覚える方法もありますが、

過去問等を解きながら覚えていくというのも1つの方法です。

このあたりの単語の覚え方についてはまた別の機会にお伝えさせていただければと思います。

自由英作文・日本語訳が多い

これは私立、国立でも傾向が違ったりします。

あくまで概ねですが、こういった「受験生自身に表現させる問題」が多いような印象です。

まず自由英作文ですが、これを解くには単語や熟語を「読める」だけではなく、

「書ける」状態にする必要があります。

また、さらに言うと、それを「使える」必要があります。

例えば、動詞なら自動詞か他動詞か、取れる文型は何で、続く前置詞は何か、

不定詞が続くのか動名詞が続くのか、などなど、

確認しておくべきことは多岐にわたります。

もちろん難解な単語まで「使える」状態にする必要はありませんが、

少なくとも平均的な大学入試で出てくるレベルの単語であれば自由に使える状態にまで理解するようにしてください。

続いて日本語訳ですが、

よく頭の中で何となく日本語に訳して答えを確認する生徒がいますが、

これでは不十分です。

しっかりと日本語を「書いて」答え合わせをしてください。

書くことで、日本語として不自然ではないか、つなぎ方は適切か、

主語述語は正しく連動しているか、

などを確認することができます。

頭の中で日本語を「イメージすること」とそれを実際に言語化するのでは

大きな壁があります。

面倒くさがらず、しっかり書くことを意識しましょう。

まとめ

以上、医学部受験英語に向けた戦略を記載致しました。

こちらに記載したものはあくまで「大まかな方向性」にしかすぎません。

しっかりご自身が受験される問題を実際に見て、

対策を練るようにしてください。

一部特徴はありますけど、

問われる能力は他学部と大きく違わず、

正しい勉強のやり方で一定程度の分量をこなすことで

必ず点数は伸びていきます。

途中で少し記載させていただいた「速読法」のような、

「これをやれば万事解決」といった勉強法はありません。

地道な勉強こそが唯一の道になります。

引き続き、一緒に頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました