スポンサーリンク

【国語】よく言う「読解力」って??国語の成績アップ必須のこの力について解説

勉強のやり方
スポンサーリンク

お世話になっております。
家庭教師橋本と申します。

これまで早稲田アカデミーといった大手塾から
個別指導、家庭教師などさまざまな形式での
受験指導に携わってきました。

本日は久々に、国語について記載致します。
これまでの指導経験の中で特に国語については触れる機会が多く、
受験生も多く指導させていただきました。

そんな指導経験の中でも、
特に重要だと思う「読解力」について解説させていただきます。

そもそも「読解力」って言葉、
皆さま聞いたことあるでしょうか。

聞いたことない方はほぼいないとは思います。

ただ、この読解力をどのように定義するか、
それは人それぞれです。

もったいぶらずに、私の定義を記載すると、
「読解力」とは、
「文章をスムーズに、正しく理解する力」です。

この「スムーズに」が意外と重要で、
これをもっと具体的に書くと、
「1度読んだだけで」というニュアンスです。

なので、他の部分と合わせると、
「読解力」とは、
「文章を1回で正しく理解する力」
となります。

特に受験においては国語はスピード勝負になることが少なくありません。

なぜなら、国語の答えは文中にありますから、
時間をかけてしまえば誰でも正答することが可能なのです。

ですから、問題の出し手としては、
文章量や問題数を多くすることで差をつけようと考えるわけです。

そこで、「読解力」つまり、
スムーズに文章を理解できる生徒は解き終わり、
それができない生徒は問題を解き残すという差が生まれるということになります。

近年は特に、国語の受験においては文章が長くなる傾向にあるために、
この「1回読んで正しく理解する力」の重要性は高くなっています。

何度も読み返す余裕はないということです。

では、この「読解力」向上にはどのようなトレーニングが必要でしょうか。

スポンサーリンク

読書で国語の点数アップは可能か

まず、国語の話でよく話題になる、この議題から。

読書をすることで「読解力」は向上するのか。

これに関しては、
間違いないと思っています。

特に中学受験において、
小学生の国語の成績は読書量に大きく影響します。

よく、小学生の読書は物語で、
試験に出るのは説明文や随筆文が多く、
必ずしも読書量とは比例しない、
といった主張をする方もいらっしゃいます。

これもその通りと言われればその通りなのですが、
日本語を読んで内容を理解、把握するという意味では、
小説も説明文も同様です。

問題の解き方やテクニックはあれど、
やはりベースとなるのはこの「読解力」ですから、
読書は国語の点数アップにも寄与すると言えそうです。

じゃあ、読解力向上にはとにかく本を読めばいいのか、
そう聞かれると、必ずしもそうではないというのが私の回答です。

理由を一言で言うと、
国語の点数アップのための読書は効率が悪いからです。

読書によって国語の成績がいい生徒は、
その読書量が他の生徒とは桁が違います。

特にトップの生徒は、
単純に読書が好きで、週に1冊読むという生徒も珍しくありません。

逆に言うと、
そうまでしないと読書量で読解力をアップさせるということは
できないということです。

ですから、特に高学年になり国語に時間をさけなくなれば、
読書で国語の点数を上げるという戦略は取りづらくなります。

では結局、どのように「読解力」を上げていくのか。

かたまりごと要約

この標題が私の答えになります。

意味段落という言葉はご存じでしょうか。

一般的な「段落」は、
改行し文章の始まりを1文字下に下げることで区切りをつける
「形式段落」のことを言います。

それに対し「意味段落」とは、
文章を意味で段落分けしたひとかたまりのことを言います。

これは直接問題になることもあります。

生徒にはまずこの「意味段落」で
文章を区切るという作業をしてもらいます。

そしてその後に、その意味段落ごとに内容を要約して、
文章にしてもらいます。

まず文章を意味で区切ることによって、
文章を体系的に、俯瞰して理解する力が身に付きます。

大まかに全体感を把握できるということです。

また、それぞれの意味段落を要約することで、
各所の内容を正確に理解する力を身に付けることができます。

この2つの力が身につくことで、
文章を正確に理解することができるようになります。

最初に申し上げた「スピーディーに理解する」については、
これを繰り返すことで自然と、
1度読んだだけで理解できるようになります。

ですから、この作業はスピードを意識するというよりは、
時間をかけてでも正確にできるよう心掛けてください。

完成した意味分けと要約については、
保護者の方か学校・塾の先生に添削してもらうのがベストです。

ただ、仮に添削をしないとしても、
意味で区切って、要約する作業自体が、
国語の文章を理解するためのプロセスになるので、
結果的に読解力向上につながってきます。

是非、国語の文章理解が思うようにいかない方は、
こちらの方法を参考にしてみてください。

本日の内容は以上となります。
今後も受験や勉強に関する記事を、
現役講師の立場から記載していきますので、
引き続きよろしくお願い致します。

【紹介】(附属高校受験ならお任せください!)オンライン個別指導塾 橋本

日々こうして受験や勉強についての情報を発信させていただいておりますが、
私自身で附属高校受験を中心としたオンライン個別指導塾を経営しております。

無料の面談や体験授業等もございますので、
お気軽にご連絡ください。
サービスの押し売り等は決して致しません。

詳細は以下の記事を参照ください。よろしくお願い致します。

【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 | 【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 (aspirationalregularworker.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました