スポンサーリンク

【塾経営者が解説】中学受験は課金ゲーか!?大手塾では語られない裏事情!?

受験
スポンサーリンク

本日は、中学受験について、
解説させていただきます。

また、特に経済的な側面にフォーカスし、
その実態を書かせていただきます。

もちろん、中学受験にいくら必要かとか、
費用に関する記事はいろいろなところに見られます。

一方で、個人的には、
それらは塾の月謝から計算しているだけで、
実態とかけ離れているように感じることが
少なくありません。

そこで、私自身の大手塾や
家庭教師としての中学受験生の指導の経験を踏まえ、
実際にはどのような事情があって、
どのようにお金が出ていくのか、
解説させていただきます。

スポンサーリンク

大手塾で学習を進める

中学受験に取り組むとなった場合に、
まず最初に思い浮かぶのは
四谷大塚やサピックス、早稲田アカデミーといった
いわゆる「大手塾」で学習を進めるという選択肢でしょう。

こちらに通って学習を進める場合の費用を、
大まかに計算してみましょう。

まず、よく言われている月謝の目安としては、
「学年×1万円」です。

例えば、小学5年生であれば、
月に5万円が月謝となりますので、
年間の費用は60万円程度となります。

じゃあ、この60万円が
小学5年生が中学受験を進めるのに必要な費用かと言われると、
そうではありません。

月謝以外にも、中学受験には多くの費用が必要となります。

まず大きなものとして、
塾への季節講習や合宿などの費用です。

季節講習とは、
春期講習、夏期講習や冬期講習のことで、
それぞれの塾の授業日数などによって異なりますが、
概ね5万円~10万円程度の料金となります。

合宿ともなれば、
2・3泊程度で5万円~7万円が必要です。

これら合宿や季節講習以外には、
模試の費用や、
塾への交通費、
あとは教材費などが必要となります。

最後に、小学6年生になると、
普段の授業に加え志望校別の対策講座や
入試直前特別講座などの参加も必要となります。

こういった諸々の費用を含めて、
これもざっくりとした計算にはなりますが、
先ほど計算した月謝の目安の2倍程度が必要になると考えておけば、
大きく不足することはないでしょう。

先ほどの例で、小学5年生であれば
年間約60万円程度が必要でしたので、
それの2倍で120万円くらいが
1年に必要な費用ということになります。

大手塾だけでは十分じゃない!?

さて、これで金額の全体像が見え、
終わりかと申し上げると、
実はこれでも終わりではないのです。

標題の通り、
大手塾の授業だけでは足りない場合があります。

特に、成績が思ったように伸びない場合です。

このとき、大手塾の先生に補習や質問対応をお願いして
克服できることもあります。

しかし、こうならないことも多いのです。

大手塾の場合、
授業はあるもののそれ以外の質問対応や宿題の進捗管理までは
丁寧にされないことがあります。

あるいは、生徒自身が引っ込み思案で、
なかなか先生に質問できないということもあるようです。

こうなると、徐々に塾の授業にはついていけなくなり、
塾での居心地も悪くなってきて、
さらに先生との距離感も空いてくる…
といった悪循環に入ってしまいます。

そうなったときに、ご家庭として残されている選択肢は、
追加で家庭教師、個別指導塾を利用することです。

大手塾の中には、
集団授業のオプションとして、
個別の授業を展開している塾もあるようです。

当然、そのオプション利用には追加で費用が必要です。

さて、これらの追加授業ですが、
もちろん頻度やどこに頼むかによって費用は異なりますが、
基本は個別指導になりますので、
時間単価で言えば必然的に集団授業より高額になります。

月に3万円~5万円程度の追加費用が必要になると
思った方がいいかもしれません。

もちろんこの追加料金が、
中学受験する全員に対して、
必須かと言われるとそうではありません。

そもそも成績が良好だったり、
先生に対して気軽に質問に行けるような生徒であれば、
これらがなくとも問題なく勉強を進めることができます。

ただ、大手塾、
これは校舎単位で異なるかもしれませんが、
成績が順調ではない生徒に対するフォローが万全ではない塾も
少なくないと思っています。

過度に不安をあおるつもりはありませんが、
こういったものも含めて、
心と費用の準備をいただいた方がいいかなと思っているところです。

大手塾以外の塾・家庭教師で勉強を進める

あまり多くはありませんが、
大手塾以外の塾や家庭教師で
中学受験の勉強を進めるという選択肢もあります。

しかし、これでも基本的には
費用面で大手塾より大幅に安くなるということは
ありません。

特に難関校であればその傾向は顕著と言えます。

なぜなら、
そもそも中学受験の指導が可能な講師が
それほど多くないために、
一定程度単価を上げても募集が埋まるからです。

そうなると、個人の家庭教師でも
それなりの料金を取るようになってきますから、
もちろんどれくらい授業を取るかなどにもよりますが、
結局大手塾と通っているのと変わらない費用が
必要になってしまいます。

これは中堅、あるいは地域密着のような
小さい塾でも同様です。

そもそも、中学受験自体が、
どちらかと言うと富裕層を対象にしたビジネスですので、
低い価格のサービスの需要がそれほど高くないという
実態があると思います。

以上の理由から、
そもそも中学受験業界に、
それほど安価な授業サービスはありません。

中学受験を塾などの何かしら学校以外の
教育サービスを利用して臨もうと思っている方は、
冒頭に申し上げた大手塾に通った場合の
費用を想定しておく必要がありそうです。

独学は…??

では最後に、
中学受験に独学で臨むのがどうかという点ですが、
これは正直申し上げてかなり難しいです。

これについて話すと
これだけで1記事できあがってしまいますので、
簡単にご説明させていただきます。

まず、ご存じの通り、
中学受験の範囲は
小学生が学校で学習する範囲を
大きく逸脱します。

ですから、小学校の学習で対応するのは
ほぼ不可能と言えます。

そこで、市販の参考書を使用することになりますが、
大学受験と異なり、
中学受験向けの参考書はそれほど種類も多くありません。

ですから、必ずしも自分のレベルや志望校に合った参考書が
見つかるとは限りません。

また、ここが一番の壁になると思いますが、
小学生が自身で受験までの数年単位のスケジュールを組み、
着実に実施していくというのは相当な困難だと
考えられます。

やはりそのあたりは、
大人の力を借りる必要があるのです。

以上の理由から、
独学で中学受験に挑むのは
非常に困難であると言えるでしょう。

まとめ

本日は中学受験に必要な費用について、
ただただ大手塾の費用を並べて書くのではなく、
私自身の講師経験を踏まえ、
月謝以外に必要な費用も含めて
解説させていただきました。

一般的に言われていることでもありますが、
やはり中学受験については
一定程度の費用負担が必要となる上に、
成績に伸び悩むなどの理由によって、
さらに上乗せとなる場合があります。

一部の生徒に特待生精度が適用され、
塾の授業料が免除されるということもあるようですが、
これに該当する人はほとんどいないでしょう。

そう考えると、
中学受験にはそれなりの支出が必須となりますから、
課金ゲーと言われるのも納得です。

これ自体にどうこう言うつもりはありませんが、
中学受験の世界に足を踏み入れる方は、
こういった覚悟を持って
進んでいただければと思います。

【紹介】(附属高校受験ならお任せください!)オンライン個別指導塾 橋本

日々こうして受験や勉強についての情報を発信させていただいておりますが、
私自身で附属高校受験を中心としたオンライン個別指導塾を経営しております。

無料の面談や体験授業等もございますので、
お気軽にご連絡ください。
サービスの押し売り等は決して致しません。

詳細は以下の記事を参照ください。よろしくお願い致します。

【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 | 【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 (aspirationalregularworker.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました