スポンサーリンク

【塾講師の実態】プロ講師とバイト講師の違い~現役講師が解説~

塾・家庭教師
スポンサーリンク

集団塾、個別指導塾、家庭教師など、学校教育以外で、民間企業によって生徒の学習を指導する指導形態はさまざまです。

ただ、それらで働く講師については、プロ講師とバイト講師の2種類に分けられます。

プロ講師は、文字通り「プロ」として、講師を生業として、生計を立てている者を言います。

バイト講師は、こちらも文字通り、あくまで「アルバイト」として、主に大学生などがお小遣い稼ぎでやっているケースを指します。

以前当ブログでも紹介しましたが、各企業では未経験の講師でも、実際に生徒の授業を受け持つ前には研修があります。

ですから、ド素人が講師として活動しているわけではありません。(家庭教師など、一部では研修なしに授業を実施する場合もあります。)

形式上、一定の質は担保されているということになります。

しかし、未経験講師が研修棟を経て長年の経験のあるプロ講師の質まで追いつけるかと言うと、正直厳しいものがあります。

そこで、具体的に研修を経て「一応」一人前になった「バイト講師」と、その道で生計を立てている「プロ講師」の違いを、大学生の頃のバイト講師に始まり現在はプロ講師として指導している私の方で解説をさせていただきます。

スポンサーリンク

プロ講師とバイト講師の違い

① 生徒へのアプローチ

ここが一番の違いです。

人対人ですので、当然合う合わないがあります。

しかし、プロ講師は本来自身の性格上合わない生徒でも、しっかりと学習に取り組ませることができます。

これは数か月程度アルバイトをしていただけでは身に付きません。

以前大学生からプロ講師まで混在している個別指導塾で指導をしていたときがありましたが、その際、プロ講師の方々は男女問わず、肩を組みながら雑談ができるほど、生徒との距離が近い人もいました。

もちろん、生徒との距離が近ければいいというわけではありません。(昨今はコロナのこともありますし…)もちろん、生徒との距離が遠くともしっかりと生徒の成績を上げられるような講師もおりました。

ただ、ここで申し上げたいのは、どんな生徒に対しても自分が得意な距離感で接することができていたということです。

私自身得意な性格の生徒と苦手な性格の生徒とがいましたから、こういった講師は本当にすごいと思っていました。

今は私もある程度、どのような生徒とも関係を築く自信がありますが、それはこれまで様々な生徒への指導を通し、いろいろな経験をしてきたからです。

このあたりは、バイト講師とは経験の違いが出るところかなと思います。

② 計画性

プロ講師は、目標までの計画を立てることができます。

例えば、受験である高校に受かるという目標があれば、それに対する今の立ち位置からどの程度の学習が必要かを考えることができるのです。

これには、膨大な経験が必要です。

また、自分の得意とする科目だけではなく、受験に必要な科目の総合的な知識が必要ということになります。

過去に何名も同様の生徒を見てきて、その生徒がどのような学習ペースで、結果どのようになったかを知っているからこそ、目の前の生徒のその経験を落とし込み、計画を立てることができるのです。

参考書の問題の解答を教えることは誰にでもできます。

当然、バイト講師にも可能です。

一方で、今申し上げたような計画の作成、これは受験に向けて一番大事のことでありながら、一番経験が必要なところです。

もちろん、塾によっては目安となるカリキュラムが用意されている場合もあります。しかし、それは万人にあてはまるよう、均一化されたものであり、自身の生徒がそれに当てはまるかと言われると、必ずしもそうではありません。

自身の担当生徒に対し豊富な経験から最適な計画を立てる、これがプロ講師としての腕の見せ所というわけです。

③ 受験知識

自身が教える科目については、バイト講師でも一通りの知識は備わっているはずです。

なぜなら、その科目を使って本人も過去に学習をしていて、受験を受けていたりするからです。

しかし、受験知識となると話は別です。

プロ講師は、当然自身が過去に受けた学校以外の知識も頭に入れています。

その学校の偏差値、入試問題の傾向、内申点との比重などです。

もちろん、これは調べればある程度はわかることですが、一定程度負荷のかかることですし、多くのバイト講師はここまで調べ上げません。

私は、プロ講師となってからは、担当する生徒が受ける学校の入試は5年程度は全科目、解いておくようにしています。

プロ講師となりある程度授業料をいただいてからは、これが当然だと考えています。

このあたりの意識の違いも、プロ講師とバイト講師の違いかもしれません。

まとめ

上記に3点ほど、プロ講師とバイト講師の違いを書かせていただきましたが、もちろん他にも違いはたくさんあります。

その中でも3点、研修などでは埋まりにくい差をピックアップして書かせていただきました。

家庭教師の場合、大学生のバイト講師では1時間2,000円程度が相場かと思いますが、プロ講師の場合は安くても1時間4,000円、高いと1時間7,000円程度の講師もいるかと思います。

しかし、これは決して法外に高いわけではなく、それだけ質の高い授業が提供できるということです。

そしてプロ講師の場合、授業時間だけではなく、適切な宿題を課すことで、授業時間以外も質の高い学習ができるようサポートしてくれるはずです。

私自身がプロ講師をしているということももちろんありますが、これらを踏まえ、資金に余裕がある方は是非、プロ講師に授業をしてもらうことをオススメします。

本ブログでは、このように私自身が講師としての経験から、受験などについて皆さまに役立つ情報を今後も発信させていただきます。引き続き、よろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました