スポンサーリンク

【現代文】背景知識って??なんで背景知識が必要なの??必要性から習得方法を解説!!

受験
スポンサーリンク

私の記事の中でも閲覧数の多い、
現代文の勉強法について書かせていただきます。

閲覧数が多い、
というのは、
現代文に関する解説記事が少ないということだと
思っています。

英語や数学の勉強方法や参考書紹介記事などと違い、
現代文って勉強方法がよくわからないし、
何から手をつければいいかわからないですよね。

そしてそれらは、
各学校や予備校の講師は考えがあっても、
一般的に確立されているような方法がない
ということだと思います。

そんな現代文の勉強方法のうち、
本日は背景知識について解説致します。

少し大学受験よりの話にはなってしまいますが、
現代文自体は中学・高校受験含めて
すべての受験に関係してくる科目になりますので、
是非参考にいただければと思います。

スポンサーリンク

そもそも、背景知識って??

そもそも、背景知識って何でしょう。

そもそも聞いたことない方から、
学校や塾の先生が何か言ってたけど、
具体的にどう勉強するのか知らない、
という方までさまざまだと思います。

大学受験においては結構当たり前の話ですが、
中学受験・高校受験では

まだまだ知られていない内容だと思いますので、
簡単に説明させていただきます。

現代文の問題で、
本文を読んでいて何となく頭に入るときと、
なぜか全く理解できず読み終わるときって
あったりしませんか。

これは、その日の調子がどうこうとか、
そういう話ではありません。

しっかりと理由があります。

それが、この背景知識があるかどうか、
ということです。

例えば、サッカーが好きな人が、
サッカーのことが書かれた雑誌を読んでいたとして、
たぶんその内容ってすって入ってくると思います。

「3-4-3」とか、
「オフサイドトラップ」とか、
(いずれも、サッカーの戦術の1つ)
そういうのも理解しながら進めますし、
いちいち止まって確認するなどの手間が
必要ありません。

一方で、
この記事を読んでいる多くの方は、
これらの単語は知らないと思いますし、
文中にあってもイメージできないと思います。

これは、その人の読解力による違いでは
ないですよね。

いくら読解力のある人でも、
自分の知らない分野の専門誌を
理解するのは難しいでしょう。

今回の例で言うところの、
「サッカーに関する知識」が
現代文の背景知識になります。

もちろん、入試に出題される現代文で、
その分野の知識がないと解けない問題は
ほとんど出てきません。

しかし、ある程度知識がないと、
その文章がスムーズに読めない、
というような文章は出題されます。

近年の現代文は、
一般的に難化傾向にあると言われています。

それに伴い、
文章の内容もより抽象度が高く、
身近ではない内容になってきています。

社会主義や資本主義、
抽象と具体、
構造主義、国民国家、啓蒙思想などなど、
その言葉単体だけではなく、
それに関連する知識も含めて、
一定程度は身に付けた状態で、
その文章を読まないと、
理解できなかったりするのです。

先ほど申し上げた通り、
これらの知識がないと解けない、
とまではいきませんんが、
特に入試まで期間があるような場合は、
こういった背景知識を身に付けておくことで、
有利に読み進めることができると言えるでしょう。

背景知識は、
暗記するように覚えていくということではなく、
読み物のように楽しみながら
学習を進めていただけるといいかなと思います。

具体的な学習方法については、
次の章で説明致します。

背景知識の学習方法

では、実際に背景知識をつけるために、
どのような方法があるか
書かせていただきます。

大学受験とそれ以外(中学・高校受験)だと
少し背景知識の位置づけが異なりますので、
わけて説明させていただきます。

中学・高校受験における背景知識学習

中学・高校受験においては、
大学受験と比べると
背景知識の重要性は下がります。

まだ、知識がなくても読める難易度の
文章の出題が多いからです。

ですので、英語や数学など
他科目の学習を優先いただいて大丈夫です。

それでも時間があいている、
あるいは現代文が圧倒的に苦手という方は、
背景知識の勉強として
まずは時事問題に詳しくなりましょう。

時事問題は、
社会で必要とされることが多いようですが、
現代文においても、
そのときトレンドになっている話題に
関連した文章が出題されることも多いです。

ですので、手っ取り早く
現代文の文章に関する知識を身に付ける
という意味合いでは、
時事問題に強くなるというのが
1つの方法です。

時事問題と言うと、
新聞やニュースを勉強に取り入れる
という意見もよく見られますが、
私はこれらは効率的ではないと思っています。

今の世の中の動きを網羅的に見るには、
個々のニュースにまで確認する必要はありません。

時事問題を1冊にまとめ解説してくれている本は
多く出版されています。

どれも内容は同じようなものですから、
1冊読むということで十分だと思います。

入試用であれば、
下記のような参考書がおすすめです。

 


ここまで受験寄りでなくとも、
一般向けに書かれたような
参考書でも問題ありません。

 


時事問題にフォーカスを充ててなくとも、
このような世の中のトレンドを
追ってくれるような参考書もいいでしょう。

 


冒頭申し上げた通り、
「勉強だ」と思って気合を入れて進めるのではなく、
読み物感覚で、休憩時間などに
軽く読み進めていただけるといいかなと思います。

ただ、ここで大事なことは、
社会の勉強ではなく
現代文の背景知識の勉強だということです。

このニュースを読んでいるだけでは
社会の時事問題対策になってしまいます。

そうではなく、
このニュースの中でわからないトレンド、
例えば宗教の話題とか、
経済用語とか、
そういったものが出てきたら
自分で調べて知識として蓄えることです。

ここが背景知識のメインどころになります。

また、できれば、
こういったニュースから知った情報を、
家族に共有するなどして
本人の口から話すといいでしょう。

ただただニュースを眺めるのではなく、
自分で理解し人に伝えると思いながら読むことで、
定着度が高まります。

さらに、アウトプットを通して、
難解な文章を要約して理解する力がつき、
現代文の読解力に結び付きます。

このようにして、
時事問題の知識を身に付けながら、
背景知識や読解力を高めていくことが、
中学・高校受験における
現代文の勉強のスタートとしては
一番いいかなと思っています。

大学受験

続いて、大学受験の話になりますが、
大学受験においては、
先述の中学・高校受験より
背景知識の重要性は高まります。

なぜなら、出題される文章の難易度が
格段に上がるからです。

それこそ、その分野の論文といった
専門知識を多分に含んだ内容の文章が
出題されます。

よって、大学受験では
頻繁に出題されるような分野については、
ある程度知識を持った状態で
臨むことが好ましいと言えます。

というか、
ほぼ必須だと思ってください。

一方で、大学受験では科目数が多くなることや
他の科目の難易度も高いことから、
現代文にいたずらに時間をかけることはできません。

そこで、こちらの背景知識の勉強は極力さらっと、
ただ、一応現代文を「読める」状態にしておくため
網羅的に進めておく必要があります。

じゃあ、その勉強ってどう身に付けるのか、
という話ですが、
大学受験では「キーワード学習」が行われます。

これは、大学受験で頻出の単語で、
特に意味が難しい単語を学習するという内容です。

例えば、「逼塞した」や
「遺憾である」といった単語です。

これらの意味を理解するための学習です。
背景知識の学習は
このキーワード学習と一緒に行うことが
効果的だと思っています。

具体的な方法を解説します。

まずは、
キーワード学習に使用する参考書を用意します。

よく使われるのは、
このような参考書ではないでしょうか。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

現代文キーワード読解改訂版 [ Z会編集部 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2022/5/15時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生きる 現代文キーワード <増補改訂版>
価格:1023円(税込、送料別) (2022/5/15時点)


 


これらの参考書を使用し、
キーワードはキーワードで勉強してもらえればいいのですが、
背景知識の学習ということで使用していただきたいのが、
キーワードのページの合間や終わりに挟まっている
解説ページです。

この3冊いずれにもある内容ですが、
ただ単に「国民国家」を解説するのではなく、
それに派生する内容で、
「国民主義」や「クレオール」などの内容について、
まとめてくれているようなページが収録されています。

これが背景知識の学習には非常に役立ちます。

それぞれの思想がどのようなものか、
それぞれの関係性(対立・類似)はどうか、
といったこと含めて解説がなされています。

ですので、この解説ページを読むことで、
その分野に関する最低限の知識は
身に付けることができるということです。

ただ、これは本当に「最低限」です。

単語を見て一応意味は知っている程度です。

ですが、これがあるのとないのとでは、
文章の理解度が大きく異なります。

ですので、こういったキーワードの参考書においては
キーワードとその意味が載ったページがメインにはなりますが、
それ以外のコラムのような解説ページにも
目を通していただければと思います。

さらに、この解説ページですが、
上にあげた各参考書は1ページに簡潔にまとまっていますが、
これを読むことは
短い現代文読解をするということと等しいです。

各解説ページで説明されている内容は、
「資本主義」「現実と虚構」など
簡単な内容ではありません。

文章自体も自然と歯ごたえがある内容になっています。

これをしっかりとかみ砕き、
自分で腑に落とすということは、
現代文読解の一番最初のトレーニングに持ってこいです。

余裕があれば、
読んだあと自分で要約してみましょう。

知識の理解に加え、
読解力の向上に資する勉強になります。

もし塾や予備校の先生などで頼れる先生がいるのであれば、
その内容を見てもらうのもいいと思います。

せっかくですので、
1冊の参考書をしっかりと使い倒してもらえればと思います。

いったんこの勉強で最低限の知識は身に付きますので、
その後は現代文の文章を読んだとき、
その都度トピックについて自分で調べてみましょう。

各トピック、
検索上位1、2個の記事を読むだけで十分です。

これを使って論文を書くわけではありませんので、
誰かが書いたブログなどでも大丈夫だと思います。

背景知識だけに数か月かけて勉強するというのは
他の科目なども含めると極めて非効率ですから、
このように最低限の知識を身に付けた後は、
読解のトレーニングと並行して進めていくのがいいでしょう。

まとめ

本日は、
現代文の背景知識の勉強について
書かせていただきました。

冒頭申し上げた通り、
現代文の勉強方法はイマイチ確立しておらず、
何すればいいのかが
不透明であることが多いように思います。

もちろん人によって状況が違いますから、
現代文の勉強なんてする前に
英語や数学を進めた方がいいという生徒も
いると思います。

ですので、本日書かせていただいた勉強法も、
実際に採用するかは
ご自身の進捗状況などを見てから
判断するようにしてください。

前から言っていることですが、
「万人に共通する勉強法」はないと思っています。

是非「参考に」していただければと思います。

【紹介】(附属高校受験ならお任せください!)オンライン個別指導塾 橋本

日々こうして受験や勉強についての情報を発信させていただいておりますが、
私自身で附属高校受験を中心としたオンライン個別指導塾を経営しております。

無料の面談や体験授業等もございますので、
お気軽にご連絡ください。
サービスの押し売り等は決して致しません。

詳細は以下の記事を参照ください。よろしくお願い致します。

【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 | 【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 (aspirationalregularworker.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました