スポンサーリンク

【現役講師が解説】実際、音楽を聞きながら勉強するってどうなの??

勉強のやり方
スポンサーリンク

お世話になっております。
家庭教師橋本と申します。

本日はタイトルの通り、
音楽を聞きながら勉強することについて、
私の考えを記載致します。

結論から申し上げると、
正直人それぞれだと思うので、
音楽を聞きながら勉強するのが好きな人は
音楽を聞きながら勉強すればいいと思いますし、
それが嫌いな人は音楽を聞かずに勉強すれば
いいと思っています。

ただ、そんなこと言ってしまっては
話が終わってしまいますので、
十分に私の主観が入りますが、
この件について私の考えを話していきます。

これが正解、というようなものはありませんので、
肩の力を抜いて聞いていただけると幸いです。

スポンサーリンク

一般論:音楽を聞きながら勉強すると集中力は落ちる

聞く音楽の種類にもよりますが、
基本的には音楽を聞きながら勉強することは、
脳のリソースを音楽に割くことになりますから、
目の前の勉強に対する集中力は落ちることになります。

逆に言うと、
脳のリソースを割かなければ音楽を聞きながらでも
集中力は落ちないということになります。

脳のリソースを割く、とは
例えば知っているJ-POPを聞いて音楽の方に気が向いてしまったり、
有名な曲を聞いて何の曲か気になってしまったり、
ということを言います。

ですから、そういう気が向かないようなものであれば問題ありません。
例えば、カフェのBGMであったり、
洋楽であったりになります。

これらは聞いても聞かなくても変わらないと思いますので、
今後「音楽」として話すのは
気が向いてしまう音楽、つまり
J-POPなどのことを指すこととします。

勉強が楽しくなるならアリ

結論は標題の通りです。

基本的には集中したいときには音楽は聞かない方がいいですが、
最初気負いすぎると、
勉強を始めることにハードルが
高くなってしまいます。

そうなると、
そもそも勉強が始められないという事態になってしまいます。

ですから、好きな音楽を聞くことで気が楽になるとかで
勉強が始めやすくなるということであれば、
音楽を聞きながら勉強するということでもいいかなと思います。

受験学年や何かしらの試験が迫っている人を除いて、
多くの人は勉強に対してモチベーションは上がりません。

ですから、「勉強を始めやすくなる」ということは
かなり重要です。

よく言われることですが、
やる気はやり始めてから出始めます。
何かしらの作業を始めると、
その作業継続へのモチベーションが沸くということです。

これらを踏まえ、
勉強開始のハードルを下げるという意味合いで、
音楽を聞くという選択肢はアリかなと思っています。

集中してくれば、
徐々に音楽が邪魔になってくるかなと思います。

そのときに、音楽を止めて集中できればベストです。

仮に集中できなくても、
それはその日があまり集中できない日だったということですから、
音楽を聞きながらでいいからと思って
勉強に取り掛かれただけマシということになります。

きっとそういう日は、
音楽を聞かなければそもそも勉強を始めることができなかったでしょうから。

実際、私も勉強を始めるときはyoutubeや音楽を聞きながら開始し、
集中が必要となった場面で音楽を止めるというやり方で
進めています。

ということで、まとめになりますが、
私は結構「勉強の始めやすさ」が大事だと思っていて、
音楽を聞きながら勉強を始めるということはアリかなと思っています。

ただ、受験や資格試験の本番は音楽を聞きながら
試験を受けるということはできませんから、
音楽を聞かないと集中できない、ということになるのは問題です。

例えば試験形式で問題を解くときは音楽を切るなど、
本番に向けた練習をするといいでしょう。

個人的には、最終的には人それぞれですから、
好きなようにやればいいと思っています。

さて、本日は勉強のやり方について記載致しましたが、
今後も受験やTOEICを中心とした資格試験について記載していきます。

引き続き、よろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました