スポンサーリンク

【現役講師が解説】集団塾に向いている生徒と個別指導塾に向いている生徒

受験
スポンサーリンク

お世話になっております。
家庭教師橋本と申します。

本日は標題の件、
学生時代のアルバイトに始まり今に至るまで、
集団塾から個別指導塾、家庭教師といったさまざまな形態で
生徒を指導してきた経験を活かし、
どのように判断するのがいいか、
解説させていただきます。

究極的には個人の好き嫌いで、
生徒の好みだと思っているのですが、
多くの人が該当する、という観点から書かせていただきます。

必ずしも全員が共通するとは思っておりませんので、
その点ご承知おきください。

スポンサーリンク

結論:性格より成績で選ぶ

本日も結論は標題に記載してしまいました。

集団塾は、先生に質問するのが難しいから積極的な生徒が向いていて、
個人指導は先生と親しくなるのが容易だから、内気な生徒でも質問できる、
みたいな話を聞いたことがあります。

これは間違いではないのですが、
集団塾でも質問しやすい雰囲気を作れる講師はいるし、
個人指導こそ先生とのコミュニケーションが大切だから、
積極的な生徒が向いているという側面もあるしな…
みたいなことを思ってしまいます。

特に、個別指導で多い学生のアルバイト講師については、
まだ年の離れた小学生や中学生、
特に異性の生徒との接し方がわからないことが多いです。

私がまさしくその講師で、
初めはおどおどしながらどうにかコミュニケーションを取って
指導していました。

ちなみに、今はとにかく「明るく」だけを心がけて、
これで生徒から「なんか明るさが胡散臭くてうざい」とか
思われてもそれは相性が悪かっただけだから、
気にしないでおこう、と思って接しています。

自分なりには、生徒との接し方の一定のルールというか、
コツみたいなものをマスターしたつもりです。

これは、これまで数多くの生徒と接する中で多くの失敗を繰り返して、
やっと身に付けた感覚で、結構人に伝えるのは難しいです。

なので、学生講師なんかで、
生徒とうまく関係を築いている講師を見ると、
そういう距離感のつかみ方がうまいんだなと感心してしまいます。

話はそれてしまいましたが、
多くの経験の浅い講師は、
個別指導であっても最初は生徒とうまくコミュニケーションが取れませんから、
一概に内気な生徒でも安心して預けられる、
ということではありません。

逆に社交性がある生徒こそ、
個別指導塾で多くの講師と信頼関係を築いて成績が向上する、
ということもあります。

正直申し上げて、集団塾であっても個別指導であっても、
また、家庭教師であっても生徒と講師との相性が合う合わないは、
これはもう実際に授業を受けてみないとわからないものです。

そしてそれはどちらに非があるとかそういう話ではなくて、
ほとんど運みたいなものだと思ってください。

もちろん、経験があってどのような生徒に対しても
信頼関係を築ける講師はいますが、
そのような講師が担当するかも含めて、
「運」という表現をさせていただきました。

なので、これまで上げたような積極的、あるいは内気
といった性格で集団塾か、個別指導塾かを判断するのは
難しいと考えています。

そこで、最初の結論になりますが、
性格よりも成績で判断する方がいいかと思っています。

それは、集団指導塾の実態を踏まえた個人的な意見です。

教育業界は市場規模が大きい一方で、
参入企業も多いため、常に各会社での競争がつきまといます。

例えば早稲田アカデミーと河合塾、栄光ゼミナールなどです。

その中で最も重要な指標の1つが、
「合格実績」です。

特に、難関校の合格実績がいい塾ほど、
指導力がある塾だと見なされます。

そしてそのような大手の塾では、
同じ学年でも難易度ごとにクラス分けがされており、
必然的に最上位クラスの指導が手厚くなります。

指導が手厚くなる、というのは、
物理的な時間もそうですが、
正社員を中心とした経験のある講師が担当することが
多くなるということです。

逆に、学力の低いクラスは
経験の浅い講師が回されることは少なくありません。

同じ受験学年なのに…
という思いはありますが、
人材に限りがある以上仕方のないことです。

ですから、学力があるお子さまの場合は、
集団指導塾に入ることで、経験のある講師から
手厚くフォローしてもらうことができます。

一方で、勉強はこれから、とか
学校の授業で精一杯、
というお子さまは個別指導で教えてもらう方がいいでしょう。

また、特に難関校は、学校で習う範囲を大きく超えた内容を
学習する必要があることも多く、
これは周りに同じ内容を学習している生徒がいた方が、
「苦労しているのが自分だけではない」
と励みになったりします。

こういう観点からも、
学力が高い生徒は集団塾が向いていると思っています。

ということで、
塾の実態なども踏まえた、
一般論からは少し離れた視点から
集団塾と個別指導の向き不向きを解説させていただきました。

今後もこういった受験に関することを中心に、
継続的に発信させていただきますので、
引き続き、よろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました