スポンサーリンク

【附属高校】内部進学の実情を解説!!みんな附属の大学に進学するの??

大学附属高校
スポンサーリンク

本日は、実はあまり知られていない
附属高校の内情について解説致します。

附属高校の卒業生自体はたくさんいるはずなのですが、
それでも世間的には少数だと思います。

多くの人が大学受験を経て大学へ進学しています。

そんな中大学受験をせずに
附属の大学へ進学する人は
どのような選択肢があるのか。

そもそも附属高校へ入学した生徒は
全員大学入学の切符が確保されているものなのか、
簡単に解説させていただきます。

スポンサーリンク

全員進学可能!?付属の大学への進学率について

まずは標題の件から解説します。

こちらは当然高校によって異なります。

例えば大学とのつながりが強い高校であれば
それだけ大学の枠が多かったり、
高校の方針で外部受験を推奨していたり、様々です。

一般的には、極端に成績が悪いとかでなければ、
進学できることが多いです。

もちろん例外もあり、
東京学芸大学附属高校は内部進学のテストが難しく、
一般入試と同様とまでいかないまでも、
一定程度学力が必要になります。

こういった一部の高校を除き、
進学が目標で特に学部を選ぶということがなければ、
一般的には高校を卒業することができれば、
そのまま大学への進学が可能になります。

それの裏腹かはわかりませんが、
実は留年率が高いのも附属高校の特徴です。

こちらは次の章で解説させていただきます。

実は高い!?留年率について

実は近年地味に話題になっている、
「附属高校」という仕組みの課題点をご存じでしょうか。

これは、附属高校から進学した人の学力低下です。

まあ、言われる前からわかっていた、
というか元々ある問題だとは思いますが、
この点がかなり顕在化してきたように思っています。

当然、大学受験がないわけですから、
その分附属高校の生徒は勉強をしません。

もちろん、建前では大学受験がない分
自分の好きなことを勉強するとか、
興味がある分野を深めることができるとか、
そういうことが言われているとは思いますが、
綺麗ごと抜きで実態をお伝えすると、
ほとんどの生徒は勉強しません。

当然、大学受験に向け
1年や2年の間必死で勉強してきた生徒と比べると
相当程度学力に差がついてしまうのです。

そうなると、
当然大学から入ってくる生徒からすると
不満なわけです。

自分たちが一生懸命勉強して入った大学に、
自分より明らかに学力の劣る生徒がいる、と。

そういった不満は徐々にふくらんでいき、
大学の評判に反映していきます。

「あそこの大学は附属高校からの生徒が
 授業の進行を妨げる」

「附属高校からの生徒と一緒にされたくない」
といった具合です。

評判に影響すれば、
大学の人気に影響し、
能力の低い大学生が入学すれば
就職実績に影響し、
さらに大学の人気低下に寄与します。

これまで、
こういったものはあくまで「印象」でしか
ありませんでしたから、
実際に大学の人気に影響するということは少なかったようですが、
近年こういったことがより顕著に言われるようになり、
実質的な影響を及ぼしているようです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
こういった課題点は最近目立ってきていますが、
元々存在していたものではあるために、
各高校で対策らしきものは打たれていると思っています。

それが、「留年率の高さ」です。

これも一般的に、ということで、
高校により異なりますが、
一般の高校に比べると附属高校の留年率は高いです。

高校3年生にもなると、
クラスの10~20%程度は留年経験者、
つまりストレートで上がっている人の
年上がいるということになります。

大学で留年という話は結構聞くように思いますが、
高校で留年はそれほど多くはないと思います。

附属高校の留年率の高さは、
先ほど書いた通り大学にそのまま進学できてしまうことから
勉強をさぼる生徒が多いため、
ある程度進学・卒業の条件を厳しくすることで
学力の底上げを図ろうという趣旨からだと
思っています。

学部決めはどうするの??希望の学部には行けるの??

大学の進学が決まった後ですが、
当然学部も決める必要があります。

内部進学の生徒はみんな
希望する学部に行けるかと言われると、
実はそういうことではありません。

ここも正確には大学によって違うのですが、
高校ごとに各学部に対して定員があるのが
一般的です。

政治学部○名、商学部○名、法学部○名、
といった形です。

希望する生徒の数が定員を超えた場合には、
成績順に選ばれるということになります。

人気の学部は定員を超えることも多く、
成績のいい生徒しか入れないということも
多く発生します。

これは外部受験で人気の学部は
内部生にとっても人気なことが多く、
ある程度選抜されるというのは
必要なことかもしれません。

人気な学部の枠をどれだけ確保できるかということも、
その高校と大学とのつながりによります。

つながりが薄い大学だと、
人気の学部の枠がそれほど多くないということも
あるようです。

これは余談で、
私のいた学校だけかもしれませんが、
やはり内部生は「大学受験をしたくない」
という人が集まっていますから、
根本的に「勉強したくない」生徒が集まっていると思います。

そこで、大学の学部でも、
勉強が必要な印象のある学部、
法学部や理工学部は人気がなかったように思います。

外部受験は可能!?

これも高校によって異なりますが、
外部の大学を受験することが不可能ということは
ないと思います。

高校がそこまで規制することはできないでしょう。

ただ、当然大学受験をしたくなくて
入学している生徒が多いですから、
自ら外部の大学を受ける人は
ほとんどいません。

ただ、ごく一部、
例えばより上のレベルの大学に行きたいとか、
高校在学中にある学部に興味があるけど
その学部が附属大学にないとか、
そういったことから外部受験を志す生徒がいることも
事実です。

そういった生徒は
当然学校側に申し出る必要がありますが、
その時点で大学の内部進学の権利は
消失することが多いです。

つまり、大学受験に挑戦したけど失敗したから、
附属の大学に進学する、
ということはできないということです。

若干リスクがある行為ということになります。

ただまあ、不可能か可能かということで言えば、
可能です。

まとめ

さて、本日は内部進学生の大学進学について
解説させていただきました。

やはり内部進学を目的に
附属高校に入学する生徒がほとんどですから、
多くの生徒がそのまま大学に進学します。

しかし、それも高校によって異なり、
外部の大学受験を勧める高校や
附属大学への進学にも
一定レベルの試験がある高校などもあります。

必ずそのまま大学に進めると思って入学すると
思わぬところで躓くかもしれません。

是非、各高校のHP等をよく見て
情報収集は抜かりなくしていただければと思います。

【紹介】(附属高校受験ならお任せください!)オンライン個別指導塾 橋本

日々こうして受験や勉強についての情報を発信させていただいておりますが、
私自身で附属高校受験を中心としたオンライン個別指導塾を経営しております。

無料の面談や体験授業等もございますので、
お気軽にご連絡ください。
サービスの押し売り等は決して致しません。

詳細は以下の記事を参照ください。よろしくお願い致します。

【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 | 【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 (aspirationalregularworker.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました