スポンサーリンク

【附属高校】大学進学時の外部受験組との関係は??ぶっちゃけ内部進学生の方が頭悪い??塾経営者かつ内部進学生が正直に回答します!!

大学附属高校
スポンサーリンク

本日はやや過激なタイトルですが、
附属高校に入学しそのまま大学に進学した学生と
大学に一般受験で入学した学生、
つまり内部進学組と外部受験組の関係について、
解説…
というより私自身の体験談や
生徒から聞いた話をまとめて書かせていただきます。

附属高校受験を希望されるご家庭で、
大学進学した場合に授業についていけるかなどを
意外と保護者の方が気にされていたりしたので、
この記事でクリアにさせていただければなと思います。

私自身の体験などを書かせていただきますので、
多分に私の感情・主観が入った記事になりますことを、
お含みおきいただければと思います。

スポンサーリンク

内部進学組vs外部受験組 どちらが頭いい??

もちろん一概には言えませんが、
英語や数学といった各科目の純粋な学力、
という側面で考えると、
圧倒的に外部受験組の方が優秀です。

これは、どう取り繕っても
誤魔化しきれないと思います。

大学受験に必要な勉強量・時間は、
内部進学生がどれだけ学内テストを頑張ろうが、
到底及ぶものではないからです。

近年附属高校の進級・進学が
厳しくなりつつあるという話もありますが、
それでもまだまだ、外部受験組とは
大きな乖離がある状態だと思われます。

自身の話をさせていただくと、
私は早稲田大学高等学院という早稲田大学の附属高校から
大学に内部進学しました。

学部は政治経済学部という、
早稲田大学の看板学部と言われている学部でした。

政治経済学部に入るため、
私が高校在学中にした勉強は、
学校のテスト2週間前から、多くて
平日に1日2時間、休日に8時間勉強した程度です。

もちろん、学校から指示された課題やレポートには
それなりに真面目に取り組みましたが、
それは他の高校生も同様です。

上記の勉強量は、
受験する人であればテスト前に関わらず
普段から確保するような量ですし、
難関大学を受験する方であれば
全然足りないと言わざるを得ません。

ましてや、早稲田大学を受験するような層を考えると、
比べるのも甚だ失礼なレベルです。

同級生には東大・京大といった
国立トップ校に合格できなかったため、
早稲田大学に入学したという学生もいました。

それだけ、レベルの高い中、
学校のテスト勉強だけで入れるわけですから、
かなりの乖離があって当然ということだと思います。

【参考】内部進学組は高校受験で勉強したから…??

擁護してくださる方の中には、
「内部進学組は熾烈な高校受験を勝ち抜いているから…」
と言ってくれますが、
それを差し引いても全然、です。

高校受験の難関校と大学受験の難関校では、
レベルが異なります。

また、そもそもですが、
大学受験組も多くは高校受験をしており、
特に難関大学を受験するような学生は高校受験時に
進学校に入学するために
「熾烈な高校受験を勝ち抜いている」という意味では
そこに差などないのです。

外部受験組の大学受験勉強分は、
そのまま高校受験組との勉強量の差であると
考えられるかと思います。

内部進学組は授業について行ける??

さて、内部進学組と外部受験組では
学力に差があることがわかりましたが、
それでも大学では同じ講義を受けるわけで、
内部進学組は授業を受けることができるのか、
単位を取ることができるのか
という疑問が生まれると思います。

これについては、
「特段問題ない」というのが回答です。

これは日本の大学でよく言われることで、
これ自体がいいか悪いかは別問題ですが、
日本の大学は一般的に、
入学は難しい一方で、
単位の取得や卒業はそれほど難しくないと
言われています。

大学受験を勝ち抜いた人がぎりぎり、
単位が取れるといった難易度ではないのです。

また、そもそも、
大学受験と大学の単位取得では、
勉強の内容が異なります。

例えるなら、
大学受験は100m走で、
大学の単位取得はマラソン、
みたいなイメージです。

もちろん大学受験の学習が基礎になることは
間違いないのですが、
大学の授業は専門分野を一から学ぶという授業ですから、
それまでの勉強量がすなわち大学の成績に反映するかと
言われるとそうではなく、
外部受験組も内部進学組も
同じスタートラインに立つようなものです。

もちろん、大学生1・2年生は、
一般教養と言って英語や数学といった
その後の研究の基礎となる学問で、
比較的受験の延長のような授業があったりしますが、
それについては圧倒的な差があります。

これは内部進学組は猛勉強するしかありません。

それでも、大学の単位取得に必要なのは
大学の定期テストで良い点を取るということで、
限られた範囲をしっかりと理解すればいいのですから、
大学受験と比べれば圧倒的に楽です。

内部進学組は馬鹿にされる??

これは記事にするような内容ではないかもしませんが、
ときどき、内部進学組や総合型選抜といった、
いわゆる一般受験とそれ以外で対立構造があるという話を聞きます。

総合型選抜についてはここでは取り上げませんが、
一般的には一般受験の方が、それ以外の受験形式よりも
多くの勉強時間が必要となりますので、
それを勝ち抜いた学生からすると、
短い勉強時間で同じ大学に入学した学生がいることが、
面白くないということだと思います。

これは私や私の生徒の話ですが、
正面からバカにされることはありません。

むしろ、基本的には内部進学組が
自虐的に言うことの方が多いような気がします。

(もちろんこれは私の生徒や周りの友人に
 そういう人が多いからということではあると思うのですが…)

語弊を恐れずに言うと、
内部進学組も外部受験組より勉強時間が少ないことは
十分に理解していますし、
(むしろ、それを目当てで、附属高校を目指すのが大半の生徒だと思います。)
学力的なもので言えば劣っていることも理解していると思います。

ですから、内部進学であることに高いプライドやほこりがあるわけでもないと思います。

私個人の感想ですが、
外部受験組の方が学力が高いと言われることに対して何か思うことはなく、
至極真っ当な意見だと思ってしまいます。

理系は少し話が違うかも…

ここまでいろいろと話してきましたが、
文系と理系で少し話が違う側面がありますので、
最後に補足させていただきます。

理系は、大学受験で使用した数学や化学といった科目の知識を
大学の研究でもそのまま活用する機会が多いため、
内部進学組も高校での勉強をしっかりていないと、
大学の授業でかなり苦労するようです。

先ほど申し上げたような、
大学の勉強と大学受験は違うので、
大学受験有無が大学の成績に影響を与えない、
という話は文系ほどは通用しない感があります。

一方で、多くの高校では文理で授業カリキュラムが異なりますが、
これは附属高校でも同様です。

そして、大学の授業について行けるよう、
附属高校の理系の学生へは多くの課題が課されます。

大学受験がない分の勉強として、
しっかりと学校側が補ってくれているようなイメージです。

それでも、外部受験組との差は完璧には埋まらないようですが、
附属高校だから全く勉強しなくていい!!
ということではないかと思います。

【雑談】学力別クラスの話

最後に、私の大学時代の話をして終わります。

大学1年生のとき、
一般教養の授業の1つに英語の授業がありましたが、
その英語は学力別にクラス分けがされていました。

大学入学と同時に英語の試験を受け、
そのテスト結果に応じてクラス分けがされるというシステムです。

当然私は外部受験生と比べれば、
というか内部進学生の中でも英語ができない方でしたので、
最下位の英語初心者クラスに割り当てられました。

で、英語の授業初日、
クラスに行くと私の知った友達が何もいました。

私の知った友達、というのは
同じ附属高校に通っていた友達です。

つまり、内部進学生が固まって、
最下位クラスに入ってしまっていたのです。

さらに、授業初日に何人かと自己紹介をして気づいたのですが、
その友達以外も、大半が内部進学生だったのです。

早稲田大学の附属高校は、
私が通っていた早稲田大学高等学院以外にもいくつかあります。

ですので、私が知らない内部進学生も当然たくさんいるわけです。

そしてその内部進学生たちが、
最下位クラスに集まってしまいました。

私も含めた当の本人たちは、
「そりゃ高校時代勉強しなかったもんな」と
納得しながら話していたのを今でも覚えています。

まとめ

今日の記事にまとめも何もないですが…
内部進学組の実態、少しはイメージいただけたでしょうか。

学力面で外部受験組の方が高いことはご理解いただけたと思いますが、
大学で単位・成績を取るという観点で、
内部進学組の方が有利なことがあります。

それは、すでに友だちがたくさんいるということです。

大学の単位を取ることにあたっては、
一緒に勉強する、レポートを書く、
ノートを写させてくれる友達がいることは
場合によっては高い学力以上に、大きなアドバンテージです。

これを、多くの内部進学生は入学初日から、
苦労せず手に入れることができます。

逆に、新たに友だちを作らず
内部進学組だけで固まってしまうということもあるようですが、
逆に言えば、それで足りてしまうくらいには
最初から人間関係ができた状態で大学生活をスタートできる
ということです。

どちらがいい、悪いということはないと思いますが、
皆さんが大学生であれば、
あるいは大学生になったら、
そんな変な仕切りは気にせず、
友だちになりたい人と友だちになって
楽しい大学生活を送っていただければと思います。

本日はまとまりのない記事になってしまいましたが、
これで以上とさせていただきます。

【紹介】(附属高校受験ならお任せください!)オンライン個別指導塾 橋本

日々こうして受験や勉強についての情報を発信させていただいておりますが、
私自身で附属高校受験を中心としたオンライン個別指導塾を経営しております。

無料の面談や体験授業等もございますので、
お気軽にご連絡ください。
サービスの押し売り等は決して致しません。

詳細は以下の記事を参照ください。よろしくお願い致します。

【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 | 【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 (aspirationalregularworker.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました