スポンサーリンク

【附属高校受験】「私立だからお金がかかる」は間違い!?費用面でのメリットを解説!!

大学附属高校
スポンサーリンク

附属(付属)高校受験のメリットについて、
本日は費用面から解説させていただきます。

附属高校と言えば私立の学校になります。

ですから、一般的には、
公立高校よりも費用面では
劣ると考えるのが普通です。

しかし、授業料以外も含めると、
必ずしもそうではないと考えます。

そう考える理由について、
簡単に説明致します。

スポンサーリンク

公立高校と私立高校の授業料の差は??

そもそも、
公立高校と私立高校の授業料の差がどの程度か、
イメージを頭に入れておくとしましょう。

いったん、公的な補助がない前提で考えます。

また、費用は東京都の例で考えます。

まず、都立高校の場合ですが、
年間の納入額は年額118,800円(全日制課程授業料)となります。

一方で、都内の私立高校の平均授業料は
約50万円程度となっております。

私立高校の場合、
これに施設利用料などを上乗せして支払う必要があったりしますので、
特に初年度は高額な費用が必要で、
都内私立高校の平均でも100万円程度の支払が必要になります。

大まかな計算にはなりますが、
都立高校が3年間で30万円程度なのに対し、
私立高校は3年間で諸々含め
200万円程度学校に支払う必要があるということになります。

本記事は、正確に金額を知ることではなく、
大まかにイメージをつかんでいただくための記載になりますので、
正確な金額については
ご自身でお調べいただくといいかなと思います。

この差分の170万円程度は
確実に私立高校の方が負担として大きい金額になりますが、
それでも、附属(付属)高校の方が
必ずしも費用負担が大きいわけではないと考える理由について、
これから述べていきます。

【参考】公的補助ありの場合の授業料

SONY DSC

参考として、公的な補助がある前提でも考えてみます。

まず、国の制度として
公立高校・私立高校どちらに通う生徒にも同様に、
11万円8,000円の補助が出ます。

これは、世帯年収が910万円を下回る場合に限ります。
(所得要件の詳細は割愛します。)

ですから、公立高校は実質無償ということになります。

私立高校については、
先ほど述べた50万円程度の授業料から
この金額が差し引かれることになります。

また、各都道府県で、
私立高校に対する補助金が出る場合があります。

東京都の場合、
同様に世帯年収910万円という所得要件はありますが、
国からの補助金と合算し46万7,000円を上限に
補助が出ます。

つまり、都内の平均的な私立高校に通っていた場合で、
この補助が出た際には、
授業料のうちほとんどが補助金で支払うことができる
ということになります。

東京都の場合は比較的私立高校に対しても
補助が手厚い自治体になりますので、
ご自身の住まわれている都道府県の制度については
改めてお調べいただくことをオススメします。

大学受験に必要な費用が一切かからない

附属高校に通うことの一番のメリットは、
大学受験が必要ないことです。

これは、高校に通う中で、
3年間自由に時間を使えるという
生徒にとってのメリットも大きいですが、
当然費用面でも同様のことが言えます。

大学受験に必要な費用が一切必要ないのです。

では、先ほど述べた公立高校と私立高校の
学校に支払う費用の差の170万円と、
この大学受験に必要な費用がどの程度かを比較し、

どちらのメリットが大きいかを考えてみましょう。

大学受験に必要な費用って??

では、実際に大学受験に必要な費用を考えてみます。

いくつかの項目にわけて考えていきましょう。

受験料など、大学受験期に必要な費用

まず、当然大学受験の受験料が必要です。

日本政策金融公庫の調査によると、
大学受験にかかった費用は、
国公立大学、私立大学いずれも30万円程度になります。

大学受験には併願する大学に入学資格を確定させておくために
入学金を先に支払っておく必要がある場合もあり、
それらを含めるとさらに高額になりそうです。

この30万円程度という金額には、
受験料や願書の請求などに加え、
県外から受験する場合の宿泊費についても
含まれているようです。

私自身大学受験生を指導する場合、
保護者の方には受験期までに50万円程度はすぐ動かせるよう
ご準備をお願いしていました。

実際に、費用としても
一定程度必要ということは間違いないようです。

塾、予備校に関する費用

大学受験をするにあたり、
多くの生徒は塾や予備校を活用します。

塾や予備校の費用について、
どの程度必要か確認してみましょう。

まず、毎月の授業料についてですが、
これはもちろん塾によって異なりますし、
個別指導か集団授業かといった形態によっても
大きく変わってきます。

あくまで1つの目安として、
おおよそ3万円~5万円程度が目安となります。

ここでは、間を取って4万円とし、
年に50万程度必要としましょう。

月の授業料以外にも、
夏期講習や冬期講習といった季節講習もあり、
それらもそれぞれ5万円~15万円程度が
必要となります。

また、合宿として泊りがけで講習がある場合は、
さらに費用が必要となります。

ここでもわかりやすく、
10万円としましょう。

つまり、合計で年60万円程度は
塾、予備校の費用として必要になる
ということになります。

これらはだいぶ低めに考えていますし、
個別指導や家庭教師を依頼する場合は
さらに高額になると考えていただければと思います。

【参考】浪人した場合

全員が大学受験に成功するわけではありませんから、
もし目標に到達せず、
それでもあきらめきれなければ浪人という選択肢を
考えることになります。

もちろん、独学で挑む、
いわゆる宅浪であれば費用はそれほど必要ではありません。

一方で、例えば予備校に通った場合、
かなり高額な費用が必要となります。

大手予備校であれば、
年間の授業料で低く見積もっても70万円程度、
これに季節講習が加わりますから、
年間100万円は必要です

大学受験に必要な費用の合計は??

ここまでつらつらと、
項目ごとに必要な費用を列挙してきましたが、
まとめていきましょう。

まず、大学受験の受験料などで30万円程度、
そして塾、予備校の費用として年間60万円程度が必要でした。

仮に高校2年生から塾、予備校に通い、
問題なく現役で入学できたとしましょう。

それでも、受験料などの30万円と
年間60万円の塾、予備校費用が2年分の120万円、
つまり合計で150万円が必要になります。

冒頭申し上げた、
公立高校と私立高校の授業料の差、
170万円と比べると、
桁違いに安いということではないと
おわかりいただけるかと思います。

まとめ

本日は、附属高校に進学することで、
大学受験に関する費用が不要になりますので、
そのメリットについて考えてみました。

もちろん、単純な費用の比較では議論できません。

附属高校に進学するということであれば、
当然中学生時代に一定の学力が必要であり、
そのために塾に通っている場合などがありますから、
大学受験をしない分高校受験でお金がかかっているではないか、
といった反論も十分に想定できるからです。

もちろんこれについても、
附属高校に進学しない生徒でも塾に通っているわけですから、
附属高校を受験する生徒だけが必要な費用ではない、
という議論が予想できます。

要は、まだまだ議論は続くということです。

私としては、
附属高校が私立高校だからといって
金銭的な理由から敬遠されている方がいらっしゃれば、
本記事をご覧いただきこういった考え方もあるのだと、
再考いただくきっかけになればと思った次第です。

もちろん、いろいろな考え方がありますから、
どれが正解ということではないと思います。

是非ご家庭でもいろいろとご議論いただき、
お子さま、保護者さまいずれもご納得いただける道を
お選びいただけるといいかと思います。

尚、繰り返しになりますが、
本記事で記載している金額について、
詳細な金額や前提はご自身でお調べいただきますよう、
お願い申し上げます。

【紹介】(附属高校受験ならお任せください!)オンライン個別指導塾 橋本

日々こうして受験や勉強についての情報を発信させていただいておりますが、
私自身で附属高校受験を中心としたオンライン個別指導塾を経営しております。

無料の面談や体験授業等もございますので、
お気軽にご連絡ください。
サービスの押し売り等は決して致しません。

詳細は以下の記事を参照ください。よろしくお願い致します。

【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 | 【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 (aspirationalregularworker.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました