スポンサーリンク

【TOEIC】リスニングの内容が覚えられなくて問題が解けない!?それは記憶力の問題ではありません!!

TOEIC
スポンサーリンク

TOEICのリスニングパートにおいて、
多くの方が苦戦するのがpart3、4の長文かと思います。

30秒程度の本文が流れ、
その後3つの問題を解くという形式です。

大問が23問ありそれぞれに3つの問題がありますので、
合計69問がこの形式です。

リスニング100問の7割弱を占めておりますので、
この正答率を上げていくことが、
リスニングパート点数向上のカギとなります。

しかし、ここで障害となってくるのが、
「内容覚えられない問題」です。

英文を聞いてその内容について答えるのですが、
その場では理解できていても、
その後の問題を解く段になると内容を忘れてしまうということが
往々にして発生します。

スポンサーリンク

英文を聞きながら問題を解く方法

この問題を解決するためか、
標題のようにリスニングを聞きながら、
並行して問題を解くというやり方で解いている方もいます。

本来、リスニングの長文が流れ終わった後、
各問題の音声が流れ、それを解くための時間が確保されているのですが、
上記はリスニングを聞きながら問題を読み、
答えがわかった段階で長文が読まれている最中にマークシートを塗りつぶすという方法です。

個人的な意見ですが、
私はこのようなやり方をする必要はないと思っています。

実際、私は一般的なやり方で、
長文を聞いてその後問題を解いております。

この方法でも、
400点後半までは取ることができております。

ただ、これは決して、
私の記憶力がいいとかそういうことではありません。

ただ、しっかり内容を覚えて問題を解くには、
少しコツが必要です。

結局、どうやって解けばいいの??

まず、長文が流れてくる前に「先読み」をする必要があります。

これは、問題文が印刷されておりますから、
長文が聞こえる前に問題文を読むことでその後出題される部分を把握しておく方法です。

これを行うことによって、
問題になる部分のみを覚えればいいということになりますから、
覚える量を大幅に減らすことができます。

ちなみに、この「先読み」をするためには、
当然にその時間を確保する必要があります。

長文のリスニングが終了した後、
それぞれの問題文が読まれ、数秒の解答時間がありますが、
それに沿って解き進めるのではなく、
それより早く回答することで、
余った時間で次の問題の問題文を「先読み」します。

いくらこうやって早く解こうとも、
「先読み」で選択肢の中身まで読むことは難しいですから、
「先読み」の時間では問題文を読むことに終始します。

私が「テクニック」としてやっていることはこれくらいです。

後は、内容は覚えて解答します。

「それなら結局記憶力の問題じゃないですか!?」
そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
そういうことではありません。

脳のリソースの話

私も最初は内容を覚えることができなかったので、
自分に記憶力がないから、
リスニングで高得点を取るのは難しいと思っていました。

ただ、徐々にリスニングで内容をしっかりと理解できるようになってから、
記憶の定着もよくなったように思っています。

これは、脳のリソースの問題だと思っています。

イメージですが、
リスニングが苦手な人は、長文を「聞いて、理解する」ことに
脳を働かせる必要があります。

一方で、リスニングが得な人は長文を理解するまでに脳の容量を使う必要がありません。
その分、内容を記憶することにリソースを割くことができます。

これが、内容を記憶できる人とできない人の違いだと思っています。

つまり、記憶力の問題ではなく、
英語の長文をスムーズに理解できるかどうかの違いということです。

ですから、仮に内容が記憶できないという人がいたとしても、
それはしっかりと英文を聞き取り、理解するトレーニングをすることで、
その問題もクリアできると思われるということです。

要は、「聞きながら問題を解く」などのような変なテクニックに走るのではなく、
そのまま英語力の向上のための学習を続けていただきたいということです。

日本の英語学習において、
リーディングに比べるとリスニングはそれほどウェイトを占めてきませんでした。

学校の入学試験等でも、
主となっている技能はリーディングです。

ですから、リスニングの学習は最初はうまくいかないという人も多いと思います。

私も、聞き取れない自分自身に何度も憤りを感じたことがあります。

ただ、実際は、1回でも2回でも、
英語を聞けば聞くほどわずかですが、
リスニング力は向上しております。

それに気付けるのは、
学習を開始して2、3か月後になります。

少なくとも、
それまではご自身を信じて、
たとえ「これって自分のためになっているのか??」と思ったとしても、
継続していただければと思います。

正しい学習方法であれば必ず目に見える成果として報われます。

苦しいのは最初だけで、
成果が表れれば学習も楽しくなるものです。

是非一緒に頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました