スポンサーリンク

【TOEIC】音読でリーディング速度が速くなる!?音読の効果と必要可否をTOEIC960点講師が解説

TOEIC
スポンサーリンク

お世話になっております。
家庭教師橋本と申します。

本日は標題の、
音読というテーマについて話していきます。

音読が発音矯正に効果あるという話は
よくあることだとは思います。

発音をよくするために
発音の練習をしなければよくならないからです。

一方で、それ以外にも、
リーディングにも効果があるという話もあります。

これについて、
私の考えを記載させていただきます。

ちなみにですが、結論から申し上げると
私はリーディングは必須ではないと思っています。

スポンサーリンク

音読するとなんでリーディング力が上がるの!?

そもそも、
なぜ音読するとリーディング力が上がるのかという話ですが、
それは音読によって返り読みがなくなり、
リーディングの速度が上がるということになります。

音読は、いわば強制的に返り読みをなくす方法と言えます。

音読中に、
「これどういう意味だっけ…」
と読み直す人っていないですよね。

つまり、もし音読中に意味までしっかり取ることができれば、
その文章については返り読みをせずに理解できた、
ということになるわけです。

しっかりと英語を頭から語順に沿って訳していくことができます。

これができれば、リーディングの速度は確実に向上します。

そもそも、TOEICのリーディングが終わらないという人のほとんどが、
この返り読みをするせいで英文を読むのに時間がかかっているからなのです。

単純に英単語を目で追う速度を上げるのではなく、
このように返り読みを減らし一発で理解する力、
これこそがリーディングの速度向上に最も必要な力ということになります。

決して、
速読術とかそういったものが必要ということではないのです。

すみません、少し話がそれてしまいましたが、
音読をすることにより、
このように返り読みを防ぐことができますし、
これを継続することで読み返す癖をなくし、
頭から英語を理解していく癖をつけることができる、

それが音読の効果というわけです。

では、なぜ私は音読が必要ないと思っているのか、
最後にそのあたりを解説させていただきます。

返り読みを防ぐには精読が必要

標題に私の意見を書かせていただきました。

返り読みを防ぐためには、
返り読みをしないように読めばいい、
そういうわけではないと思っています。

読み返すことを防ぎ英語を語順の通り理解するためには、
正しい文法知識が必要です。

どこまでが主語で、どれが動詞で、
どこまでが1つのカタマリなのか、
それぞれを瞬時に理解する必要があります。

これには、正確な文法知識が必要です。

それなしに、強制的に返り読みを防いだところで、
その文章は何度も読めば返り読みせずに理解できても、
試験本番のような新しい文章に出会ったときに、
結局返り読みなしに理解することができず時間がかかってしまいます。

だからこそ、
返り読みを防ぐには最初は返り読みをしてもいいから、
1つ1つの文章を丁寧に読んで、
どれが主語でどれが動詞で、どれが目的語なのか、
そういった専門用語でなくても、
どの英単語がどの日本語訳に該当していて、
なぜその日本語訳になるのかを自分で説明できることを目指し、
それを多くの文章で実施していくことが大切です。

そのための手段は、
決して音読ではありません。

そういう観点から、
リーディング速度向上に必ずしも音読は効果的とは言えないのではないか、
と書かせていただきました。

本ブログでは本日のようにTOEICを中心とした英語の勉強に関する情報、
私の考えなどを発信してまいります。

引き続き、よろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました