スポンサーリンク

【TOEIC950点越えが解説】TOEIC当日の過ごし方!!

TOEIC
スポンサーリンク

コロナの影響で中止されていたTOEICも開催されるようになり、加えて席数確保のため午前・午後の実施となったため、現在は多くの人が受検可能となっています。

TOEICは一定の点数を持つことで進学や就職、昇進に有利となるなど、いまだ日本の中での有意性は高い資格だと思います。

それに伴い、TOEIC関連の書籍やネット記事、youtube動画などで勉強方法については詳細に解説されており、前日までの学習については精力的に進めている方が多いかと思っています。

一方で、当日の過ごし方については、それほど重要視している方が少なく、正直もったいないなと思うこともあります。先日とあるyoutuberで、日常を撮影している方の動画を拝見していて、その方がTOEIC受検当日の様子を撮影していたのですが、TOEIC受検直前まで英語の学習以外のことを実施されており、時間が無くなり急いで会場に向かう、というシーンを見ました。

TOEIC当日の過ごし方で点数が大きく変わるということはないですが、テスト中の問題への取り組みやすさなど、変わる部分はあると思っています。

これから受検される方は、是非参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

当日の朝

まず、当たり前ですが、前日はたっぷり寝てください。

十分に睡眠がとれなければ、リスニングの音も聞こえないですし、リーディングの内容も頭に入ってきません。

当日は、朝から根詰めて勉強する必要はありません。これから試験で脳をフル回転させるので、それまでに疲弊させないようにしましょう。ただ、日本で過ごしている以上触れる言語は日本語になりますから、いきなり試験で英語に触れるのではなく、英語に触れて頭を慣らしておく必要があります。

個人的には、TOEICの模擬試験で過去に解いた長文などを軽く見返しながら、問題は解かずに、長文を日本語に訳していく作業をするのがいいと思います。

後ほど述べますが、リスニングは直前までやりますので、当日の朝やることということでは、英語に目を慣らすという意味で軽いリーディングをするのがいいかと思います。

ただ、模擬試験の長文を読むって、結局勉強じゃないか、と思う方もいらっしゃると思います。

もし、この作業が苦痛ということであれば、別の、例えば単語帳を見返すとか、好きな洋楽を聞くとか、特にストレスなく英語に触れることができていればいいと思います。もちろん、それがTOEICに関連することであれば越したことはないのですが、一番はリラックスして、脳が全回復した状態で試験に挑むことですから、英語で自分の好きなことに触れるというのでいいかと思います。

会場までの移動中

ここからは、電車等で移動していますので、参考書を大きく開けない状況を想定します。

移動中は、携帯などでTOEICのリスニングを聞くということをオススメします。できれば、公式問題集などを使用し、リスニングのテンポが本番と同様であればベストです。

朝、自宅ではリーディングをしましたので、ここからは耳を英語に慣らしたいという趣旨です。

ただ、先ほど言った通り、ここで脳を酷使することは試験中の効率を下げることにつながりますから、それほど長時間やる必要はありません。

仮に1時間の移動だとしたら、最後の15分程度でいいかと思います。それ以外は好きに音楽を聴くなど気分転換をしていてください。

ちなみにですが、皆さんは会場に試験開始のどれくらい前につくようにしていますか??

TOEICは試験開始時間を過ぎると会場に入れなくなるということですから、ある程度余裕をもって会場に着く必要があります。

ただし、最初のガイド含めると、TOEIC受検全体で椅子に座っている時間は3時間近くになります。

さらに試験前30分以上前自席で待機するということになると、私の場合はTOEICの後半は腰が痛くなってしまいます。

ですから、当日の到着は15分程度前にし、自席を確認すると5分前まではトイレに行ったり、周りを散歩していたりします。

これは人によるところですから何がいいなどはありませんが、是非皆さんは自身のやりやすい方法を考えてみてください。

会場についたら…直前まで

先ほども申し上げた通り、私は直前まで椅子には座らずうろうろしていることが多いです。

席についてから試験開始までは、わずかな時間ですが必ず実施することがあります。

それは、移動中も実施していた、TOEICリスニングを聞くことです。

TOEICはリスニングから始まりますから、直前まで英文を聞くことで、1問目から慣れた状態で問題を解き始めることができます。

最近のTOEICは1問目から聞き取りづらい音が入ってくることも多いですから、しっかりと準備しておくことが大切です。

さて、これまで説明した通り、私の場合当日の過ごし方はある程度確定させています。もちろんこれが正解というわけではないですが、TOEICの試験開始までに英語の頭に切り替えておくことは間違いなく大切です。

これも経験ということになりますから、是非こちらも参考にしていただきながら、皆さんのルーティーンを探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました