推進塾では、「失敗しない受験戦略」をコンセプトに、
主に総合型選抜・学校推薦型選抜での難関大学合格を目指した受験指導を行っています。

総合型選抜・学校推薦型選抜と聞くと、
もしかすると「楽に合格したい」「勉強が苦手な人が挑戦するものだ」というイメージを
持たれるかもしれません。

しかし、これらの入試形式の本質は、決してそういうものではありません。

当塾では、総合型選抜・学校推薦型選抜だからこそ、
日々の学習の習慣づけから始まる徹底した定期テスト対策を軸とし、
本質的な推薦受験を指導してまいります。

「失敗しない受験戦略」とは

当塾では、一般受験に加え指定校推薦・公募型推薦・総合型選抜のすべての入試制度を駆使し、
「失敗しない受験戦略」をご提示します。

こんな方にオススメ!!

コツコツと勉強することが得意な人

一般受験のように「逆転合格」が起こりにくい一方で、
1年生から3年生までの成績がフラットに評価される指定校推薦は、
コツコツ勉強できる人に有利な入試制度です。

学業だけでなく部活動などにも力を入れたい人

一般受験で難関校を目指す場合、特に高3での部活動は控えることが推奨されます。
場合によっては、退部が必要となることもあるでしょう。
指定校推薦であれば、1年生からの成績が必要となる代わりに、
一般受験と比べると直前期の追い込みなどの重要性は落ちます。
毎日の積み重ねは必要ですが、受験と部活動や生徒会活動などとの両立が
進めやすい入試形式と言えるでしょう。

過度なプレッシャーを避けたい人

一般受験に比べると指定校推薦は対象となる試験の回数が多いことから、
1回の試験に対する比重は小さくなります。
例えば、一発勝負の試験ではプレッシャーを感じてしまい本来の実力が発揮できない、
という人はこのような試験形式が向いているでしょう。