スポンサーリンク

変顔しながら授業!?私が経験したユニークな塾講師研修

受験
スポンサーリンク

私が大学生のアルバイト講師時代、

いろいろと研修を受けさせていただきましたが、

その中でもユニークな研修が、

変顔をしながら授業する、というものです。

どのような意図か、それの効果などを解説させていただきます。

スポンサーリンク

塾講師に必要なコミュニケーション能力とは

塾講師は口で情報を伝える仕事です。

普段の授業もそうですし、

保護者面談等も同様です。

ですから、当然対面でのコミュニケーション能力が求められることになります。

物事を伝えるとき、

言葉は同じでもどのような高さ、速さで伝えるかによって、

受け手の印象は大きく変わります。

高い声で話すと情熱的な印象、

逆に低い声で話すと落ち着いた印象を与えます。

これを内容によって変えていくのです。

例えば、数学の大事な公式を伝えるときは、

意図的にゆっくり説明をします。

教科書の内容をなぞるように説明するときは、

言語に加えて教科書による文字の情報もありますから、

それほどゆっくり話す必要はありません。

まあこのあたりは、

授業をしながら学んでいけば大丈夫です。

ただ、塾講師として最初に身に付けなければならない能力は、

自由に話す声の大きさ、トーン、スピードを変える能力です。

これ簡単に見えて意外と難しいものです。

特に大勢の前で話すときって、

話すことに一杯一杯になってしまって、

自分の話し方まで意識を向けることができなくなってしまいます。

そうならないように、

集団授業であったり、難しい内容の解説であったりしても、

話すことだけに意識を向けるのではなく、

それ以外のトーンなどについて意識を向け、

内容によって変えていく必要があります。

変顔をしながら授業

これを前提に、この研修内容について解説致します。

もう何となくおわかりいただけるかもしれませんが、

この研修は、要は話しながら他のことをする研修です。

講師は問題の解説をしますが、

その間に変顔をします。

もう少し詳しく言うと、

別の講師からうれしい顔、悲しい顔、変顔、と

指示をされた表情をしながら問題の解説をするのです。

解説だけに一杯一杯になっていると、

それ以外の表情にまで意識を向けることができませんから、

この指示に対応することができないのです。

ですから、目の前の解説以外に意識を向ける研修として、

このような研修に取り組んでいるというこです。

この研修は、集団授業の形式だとそもそも変顔するのが恥ずかしいというのもあり、

1対1で行います。

それでも、大人になって変顔をするというのは少し恥ずかしいものがありますが、

今では非常にいい研修だったと思っています。

ここゆっくり伝えた方がいいな、

ここはテンポよく話した方がいいな、

というところを自分の中で決め自由に操ることができるようになるのです。

塾講師の研修

今回は塾講師の研修内容の1つを紹介させていただきましたが、

これ以外にもユニークな研修はいろいろあります。

中でもコミュニケーション能力向上のための研修は多く、

今でも非常に役に立っています。

ただ、その業務の性質上人前で話すような研修も多く、

最初は冷や汗をかきながらこなしていきました。

それでも、普段の授業はもちろん、

保護者会などでも担当講師として人前に立ちますから、

こういった研修は必須だったなと、

今になると思います。

塾講師としてアルバイトをしようとしている方、

特に集団授業がある塾で働きたいと考えてらっしゃる方については、

こういったことは是非覚悟して応募いただけるといいかと思います。

逆に、これらの研修を難なくこなすことができるということであれば、

塾講師の素質は高いかなと思います。

是非、興味がある方は挑戦してみてください。

【紹介】(附属高校受験ならお任せください!)オンライン個別指導塾 橋本

日々こうして受験や勉強についての情報を発信させていただいておりますが、
私自身で附属高校受験を中心としたオンライン個別指導塾を経営しております。

無料の面談や体験授業等もございますので、
お気軽にご連絡ください。
サービスの押し売り等は決して致しません。

詳細は以下の記事を参照ください。よろしくお願い致します。

【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 | 【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 (aspirationalregularworker.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました