スポンサーリンク

勉強するなら「夜型」と「朝型」、どちらがいいの??(現役講師が思うこと)

勉強のやり方
スポンサーリンク

お世話になっております。
家庭教師橋本と申します。

本日は標題の件について、
かなり偏見混じりで根拠はあまりないですが、
私のこれまでの経験や偏見から、
思うことを書かせていただきます。

私自身現在家庭教師として活動する中で
日々いろいろな保護者の方とお話しする機会があるのですが、
ときどき、こういう悩みを聞くことがあります。
「うちの子、毎晩夜遅くまで起きてて、朝は全然起きれないんですよ…」

特に浪人生とか、
学校が一般的ではなく通信制だったりとか、
そういう学校などを理由に強制的に朝起きる必要のない生徒が
陥りがちな事象だと思います。

また、程度の差こそあれ、
学校が普通に朝からある学生や社会人においても、
夜1時くらいまで勉強して朝は始業まで寝る人と、
夜は早く寝て朝6時とかに起きて勉強する人と
2パターンに分かれると思います。

もちろん、夜遅くまで起きててゲームしてるとか、
朝起きるのが遅くて学校に遅刻してるとかそういうのは除いて、
今回は起きている間はしっかり勉強しているという前提で、
夜遅くまでやるのがいいのか、
朝早く起きて取り組むのがいいのかということについて、
少し話させていただきます。

ちなみにですが、
家庭教師や塾講師の多くは夜型だと思います。

そもそも、塾は学校が終わってから授業が始まるので、
講師の出勤は早くても午後1時過ぎとか、
遅い人だと3時とか5時とかの自分の授業前に出勤すればいいのです。

一方で、夜は遅い場合には9時過ぎまで授業した後に打合せ等が入りますから、
11時近くまで仕事をする必要があるときもあります。

そういう生活を続けていると、
自然と寝る時間、起きる時間ともに後ろにずれていきます。

私も現在家庭教師として働いておりますが、
授業が終了すると保護者の方に向けた授業報告書の作成、
宿題フォローや質問対応などをやる必要があるため、
全部終わって寝るのは夜2時くらいになったりします。

話が少しそれてしまいましたが元に戻して、
勉強するには朝がいいのか、夜がいいのか、
私の考えを話させていただきます。

スポンサーリンク

受験は朝からである。

標題を読んで何となく先の展開がわかった方も多いかと思います。

大前提、受験は朝一から実施されることが多いです。

当日は時間に余裕を持って行く必要がありますから、
さらに早く家を出発したりします。

また、人間の脳は起きてから3時間あたりは
本調子で動かないということも言われていますから、
受験の1科目目が9時開始であれば、
当日は6時くらいには起床していることが理想です。

少なくとも受験期までには、
早起きしておくことに慣れておく必要があるのです。

なので、遅くとも冬休みとか、
秋くらいには生活リズムを徐々に受験当日に合わせ、
当日のコンディションが悪くならないようケアする必要があります。

その点では、朝型はその必要がなく有利です。

夜型の人もしっかり受験期前から生活リズムを戻せるなら
この点はそれほどネックではありませんが、
人の生活リズムを変えるということは容易ではありません。

生活リズムを変えることで変に体調を崩すといったリスクもあります。

やはり朝型の方が無難と言えそうです。

脳の疲労度

個人的にはこれは結構大事だと思っています。

夜に勉強する場合、
1日脳を使った状態でさらに学習をするわけですから、
脳が疲労した状態で勉強をすることになります。

逆に、朝学習を開始することで、
脳がフレッシュな状態で勉強に取り組むことができます。

ですから、朝に学習した方が脳のインプットは
効率がいいと言うことができそうです。

学生の方であれば、
学校に行っても授業で勉強していますから、
脳がフレッシュな状態を家で過ごすか学校で過ごすかの違いで、
同じように効率よくインプットされるものはあるのではないか
ということにはなると思います。

それはその通りだと思います。

ただ、特に社会人の方であれば、
会社に行っている間は仕事をしていますから、
朝型にするか夜型にするかで、
脳が疲弊していない間に学習できるか否かというところは変わってきます。

この点においても、
やはり朝型の方がよさそうですね。

時間の制限がある。

これも大事な観点です。

朝に勉強することで、
会社や学校に行くまで、という形で時間の制限を自動的に作ることができます。

これは、学習をするのには非常に効率的です。

時間を区切ることでだらだらせず、
自然と集中できるようになるのです。

夜型でも、厳密に
「夜12時になったら寝る」と決めることで
時間の制限は作ることができますが、
これが意外と守れないことは、
皆さんも何となく経験からわかると思います。

少なくとも、朝の時間の制限よりは
意識は弱くなりがちですよね。

そういう意味で、
この観点でも朝型の方がよさそうです。

結局は、その人次第…

ここまで朝型の方がよさそうに書いてきてこう言うのも変な話ですが、
私個人としては、その人が集中できるときにやればいいのではと思っています。

冒頭に書いた通り、
受験当日が近くなればおそらく朝型、
少なくとも朝7時くらいには起きれる生活リズムにしていく必要はあると思います。

しかし、それ以外の、
普段の学習から朝に勉強するのと夜に勉強するので、
それほど変わるかと言うと、
まあ変わるんでしょうけど、
そこの違いよりも、
その人の好みを優先した方がいいかと思います。

私は先ほど言った通り、
今この仕事をしている関係で夜型ですが、
学生のときも、
社会人で資格試験の勉強をしていたときも朝型でした。

学生のときは朝6時に起きて1時間勉強をし、
社会人になったら朝7時からカフェにこもって始業まで勉強していました。

ただ、完全に毎日その時間に勉強していたかと言うと、
特に社会人になると仕事で遅くなったり、
前日に飲み会があったりして、生活リズムが崩れることもありました。

人によっては、
学校から帰ってきて宿題を始めて、
そこから塾の宿題に手を付けて、
しばらく勉強していたらようやくエンジンがかかってくる、
そんな人もいます。

そういう人は、わざわざ気分が乗ってきたところでやめる必要もありませんから、
そのまま夜遅くまで勉強するというのも選択肢としてはありだと思います。

夜起きてるとだらだら深夜のテレビを見てしまうとか、
そういう人であれば早く寝てしまって、
朝起きて勉強した方がいいでしょう。

つまり、「人それぞれ」ということです。

自分が続く方法、やりやすい方法で勉強すればいいと思います。

どちらで失敗した人もいるし、
どちらで成功した人もいます。

最後の最後で無責任な締め方になってはしまいましたが、
是非ご自身に合った勉強方法を、
いろいろ試しながら見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました