スポンサーリンク

最近流行りの学習コーチングって??これまでの学習指導との違いは??

塾・家庭教師
スポンサーリンク

最近塾や英語指導において、
授業をせず、勉強方法の指導や学習計画の策定のみを行うという
サービスが流行っているのをご存じでしょうか。

これらを「学習コーチング」と呼んでおります。

このようなサービスが急激に流行っている感がありますが、
その背景には何があるのか、
なぜ今になって流行り始めているのか、
本日はそのあたりを解説させていただきます。

スポンサーリンク

流行りの背景にある豊富な学習教材

今と昔でどの程度教材に違いがあるか、
皆さまはどのような感覚でしょうか。

受験、資格試験いずれにおいても、
書店に行けば教材は豊富にそろっています。

また、現代であれば
amazonなどのサービスを利用することで
書店に行かずとも全国の教材を
購入することができます。

紙の教材以外も、
さまざまなコンテンツが提供されています。

youtubeを開けば、
さまざまなyoutuberたちが
勉強方法や学習内容について配信を行っています。

有料コンテンツであれば、
映像授業を安価で受講することができるサービスも
充実しています。

要するに、今の世の中では、
勉強方法も勉強内容も、
全く苦労することなく入手することができるのです。

逆に塾で行われている授業などについては、
わざわざ塾で受けなくても映像などで見ることができますから、
価値が以前より低下しているということになります。

ただ、勉強方法やら教材やらが世にあふれていることで、
デメリットも判明してきました。

それは、どれが正しいのかわからない、
という問題です。

勉強方法は、人によって何が適切か異なりますし、
勉強内容も、その人の得意不得意によってやるべきものが変わってきます。

そうなると、
自分にとって何をすればいいのかわからないという問題が起こるのです。

そこで、その問題を解決するのが
「学習コーチング」になります。

「学習コーチング」は、
その人にとって最適な勉強方法・勉強内容を、
専門家の視点から判断し、
学習計画に組み込んだ上でサービスとして提供するものです。

まさに、昨今の学習者の悩みを解決するサービスということになります。

私の方でも、TOEICコーチングのサービスを提供しておりますが、
私自身で何か教材を用意するということはありません。

基本的には、市販のテキストから
学習者とその目標に合わせて最適なものを選びお示しします。

あとはその進捗をフォローするという感じです。

これを聞いて、
「そんなこと自分でできるわ」
と思う方は、
こういったコーチングサービスを利用する必要はないと思います。

コーチングサービスはその程度のものです。

自分で判断し、
自分で継続することができる人にとっては不要です。

管理が必要な人が増えている

学習コーチングの役割がもう1つあります。

それが「管理する」ということです。

先ほど私の例で申し上げた通り、
基本的には目標までのスケジュールを設計し、
それのフォローも行います。

こうすることで、
学習者としても一定の縛りみたいなものがありますから、
1人で勉強するよりはサボりにくいということになります。

これは学習コーチングに限った話ではなく、
例えば「ライザップ」のようなサービスをイメージしていただけると
いいかと思います。

こちらも同じで、
ダイエット法はいろいろ発信されていますが、
自身に最適な方法が何かを教えてもらい、
それに従って運動・食事を管理されるというサービスです。

特にダイエットは食欲と戦う必要があるため挫折する人が多く、
この「管理」の重要性が大きいのでしょう。

ただ、それは学習も一緒です。

スマホを開けばアプリやらゲームやら動画やら、
さまざまな娯楽があふれている中で、
その欲求に勝ちながら好きでもない勉強を継続するためには、
何かしらの縛りがあった方がいいのは納得できます。

今の世の中だからこそ、
娯楽への誘惑に負けずに「管理される」ことの
必要性は高くなってきているということかと思います。

まとめ

本日は学習コーチングにスポットを当て、
なぜ昨今流行っているのか、
その理由を説明させていただきました。

皆さまにとっては、
これらはどうだったでしょうか。

ただ、読んでいただくとわかると思うのですが、
勉強でも、ダイエットでも何でも一緒で、
結局やるのは自分になります。

当たり前のようなことではありますが、
指導者は方法や計画をお伝えすることはできますが、
それを遂行することはできません。

あくまで、実際に頭や手を動かして、
その課題に取り組むのは学習者の方です。

いくら最適な方法や管理がされても、
そこから逃げようと思えば逃げる手段はいくらでもあります。
これらは補助的なものに過ぎないのです。

結局、自分でやると決め、
覚悟を持って取り組まなければ変わらないということかと思います。

もちろん、
その覚悟を決めるために
サービスを利用して区切りをつけるということはアリだとは思います。

こういったサービスを上手に活用し、
自身の目標達成に向けて効果的に動いていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました