スポンサーリンク

英検の勉強は受験英語の役に立つ??受験英語と英検の違いを解説!!

受験
スポンサーリンク

学生のうちに英検の勉強をするという方は
少なくありません。

例えば、
何か学生のうちに資格を手に入れたいとか、
大学生になったら海外留学に行きたいとか、
受験で有利になるとか、
そういった人たちです。

このような人たちでも、受験前になれば
当然受験勉強をする必要があります。

そうなると、
「このまま英検を勉強すれば
受験の英語も解けるようになるのか??」
という疑問が浮かぶようになります。

本日はこちらについて、
解説させていただきます。

スポンサーリンク

英検と受験英語の違い

まずは、英検と受験英語の試験内容を解説します。

もちろん同じ「英語」の試験ではありますが、
形式は結構違います。

また、「受験英語」と一口に言っても、
これも高校受験と大学受験で違ったりするために
一概に言えない部分も大きいですが、
このあたりはその都度補足しようと思います。

四技能(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)のうち何を測るか

まず、広く知られていることではありますが、
英検は四技能の試験で、
一般的な受験英語はリーディング・リスニングのみで
実施されることが多いです。

つまり、受験英語については
ライティングとスピーキングを勉強する必要はありません。

もちろん、ライティングとスピーキングを勉強することで
リーディングやリスニングの能力を伸ばすこともできるのですが、
やはりリーディングの能力を伸ばすのであれば
リーディングの勉強をするのが一番です。

ですので、わかっていたことではありますが、
この時点で英検には英検の勉強、
受験英語には受験英語の勉強が最適であることが
わかります。

また、昨今の共通試験でもそうであるように、
徐々に受験英語でもリスニングの技能が
重要視されるようになってきていますが、
特に高校受験ではまだまだリーディングの比重が高いです。

イメージですが、
リーディング、リスニングの順で
8:2くらいな印象です。

ですから、特に中学生は
リーディングを重点的に勉強する必要があります。

逆に英検を受けるとなると
リーディングだけ勉強するというわけには
いかないところです。

リーディングの問題形式の違い

英検と受験英語において、
リーディングは共通して出題される技能になりますが、
それすらもそれぞれで違いがあります。

まず、英検には純粋な文法問題が
ほとんど出題されません。

文法問題とは、
例えば語順整序や空欄の穴埋め問題、正誤判定などで、
文法の知識を問う問題です。

英検にも穴埋め問題はあったりしますが、
その多くが語彙問題だったりしますので、
文法知識を使って解く問題は多くはありません。

文法問題の代わりに、
長文問題が多く出題される印象です。

一方で、特に高校受験では
細かい文法知識を問う問題も多く出題されます。

ですから、受験英語では
1つ1つの文法知識を丁寧に頭に入れる必要がありますが、
英検では長い英文をおおざっぱに素早く理解する
能力が必要になります。

また、先ほど少し話しましたが、
英検で出題される「語彙問題」について、
英検では一定の割合を占めますが、
受験英語で純粋な「語彙問題」が出題されることは
多くありません。

出てもその年で1~5問程度ですので、
英検と比べるとかなり少ないと言えます。

もちろん文法問題や長文問題を解く際に単語の知識は必須ですから、
受験においても単語を勉強する必要はありますが、
その優先度や重要性については、
英検には及ばないと言えるでしょう。

結論:英検と受験英語は大きく違う

ということで、
そもそも四技能のうち問われる分野が違うことや、
同じリーディングの中でも
聞かれる知識の傾向が違うことから、
英検と受験英語では試験内容が違うため、
必要な勉強内容も異なることがわかると思います。

ですので、これも当たり前のことではありますが、
受験直前においては受験勉強を優先することが必要です。

そうなると次の質問として、
いつまで英検の勉強をしていて、
どこから受験英語の勉強に切り替えるのがいいのか
という話が出てくると思います。

もちろんこれは人によります。

受験においても英語に比重が置かれている場合で、
かつ受験勉強に余裕がある場合であれば
秋ごろまで英検の勉強を進めていてもいいと思います。

あくまで一般的な目安としてですが、
受験する年度の6月の英検受験までは、
英検の勉強をしていてもいいと思います。

英検でも受験英語でも、
同じ英語ですからやるべき勉強内容が
全く異なるということではありませんので、
6月までは英検勉強によって英語能力の全体的な底上げを図り、
夏以降本格的に受験に向けた対策をするということで、
時期的には間に合うと思っています。

場合によっては、
英検を取得することによって受験に有利になることもありますから、
そういう観点でも英検の勉強をするということ自体は
否定されるものではなく、
できるだけ進めるべきだと思っています。

まとめ

本日は英検と受験英語の違いを書きましたが、
いかがだったでしょうか。

同じ英語試験でも、
違う勉強が必要なことは理解いただけたかなと思います。

どちらの試験形式がいいとか、
どちらを勉強するべきとか
そういうことを言いたいわけではなく、
いずれも英語学習において
必要な知識を問う試験だと思いますので、
両方の形態や性質を理解した上で、
バランスよく勉強していただければと思います。

【紹介】(附属高校受験ならお任せください!)オンライン個別指導塾 橋本

日々こうして受験や勉強についての情報を発信させていただいておりますが、
私自身で附属高校受験を中心としたオンライン個別指導塾を経営しております。

無料の面談や体験授業等もございますので、
お気軽にご連絡ください。
サービスの押し売り等は決して致しません。

詳細は以下の記事を参照ください。よろしくお願い致します。

【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 | 【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 (aspirationalregularworker.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました