スポンサーリンク

TOEIC L&R点数別の勉強方法について(700点版)~TOEIC960点講師が解説~

TOEIC
スポンサーリンク

今回もTOEIC L&Rの勉強法について、
点数別に解説します。

本日は、TOEIC700点を取るための勉強法です。

TOEIC LR試験・公開テストにおける700点以上の割合は、
30%弱ということです。

一般的にも英語ができる部類にも入ってくると思います。

今回はこの700点取得に向けて、
何をするべきか、解説致します。

スポンサーリンク

前提

この記事は、
すでに600点程度の実力のある人に向けて記載致します。

まだ600点が怪しいという方については、
こちらを参考にいただき、
まずは600点の実力をつけて再度この先をお読みください。
TOEIC L&R点数別の勉強方法について(600点版)~TOEIC960点講師が解説~ | オンライン家庭教師橋本のブログ (aspirationalregularworker.com)

何はともあれ単語

さて、700点に向けやることを記載致しますが、
正直600点に向けた学習と大きくは変わりません。

「基礎固め⇒演習」の流れで、
700点に向けては演習の量を増やしていくイメージです。

まずは標題の通り、単語学習です。

これは600点取得に向けた学習方法を記載した際にも、
TOEIC勉強に向けて「とりあえず何から始めればいい??」という方向けの記事でも
書かせていただきました。

とにかく、TOEICで点数を上げるのに最も手っ取り早いのが
単語学習です。

700点に向けた学習についても、
まずは語彙を増やし、少しでも読める部分の割合を増やしていきましょう。

そしてこれもこれまで言ってきたことと何も変わらないのですが、
使用する単語帳は正直「TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版」、
通称「金フレ」一択だと思っています。


こちらですが、単語が目標点数別になっていて、
「何点狙うならこの単語まで覚えてね。」
ということが明確になっています。

600点、730点、860点、990点と分かれていますが、
700点を目指す方については、
「絶対単語学習だけはやりたくない」
という人以外は、
990点まですべて暗記してもらえればと思います。

確かに出てくる頻度は
点数レベルが上がるにつれて徐々に落ちていきますが、
どれもよく見る単語です。

話は少し戻ってしまうのですが、
「金フレ」一択と言いながらも、
他の単語帳もそれほど掲載されている単語に違いはないと思うので、
もしすでに持っているものがあればそちらを使用いただいて構いません。

とにかく最初は単語のインプットを、
ひたすらに進めましょう。

TOEIC公式問題集で「量をこなす」

TOEIC学習になぜTOEIC公式問題集がいいのかは、
こちらの記事で解説させていただいています。
TOEIC学習はやっぱりTOEIC公式問題集が1番!その理由をTOEIC960点講師が解説!! | オンライン家庭教師橋本のブログ (aspirationalregularworker.com)

600点に向けた学習ということで、
最新版の「公式TOEIC Listening & Reading 問題集 8」 を紹介させていただきましたが、
こちらは解いていただきましたでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 8 [ ETS ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2021/12/10時点)

まだ解いていないという方がいましたら、
まずはこちらから手を付けてください。

そしてすでに解いたという方については、
引き続き別のバージョンの公式問題集を解いていただきます。

現在「公式問題集 8」が最新ですから、
さかのぼって「公式問題集7」「公式問題集6」「公式問題集5」
と解いていただければと思います。




個人的な感想ではありますが、
「公式問題集4」までいくと難易度が下がり、
現在のTOEIC L&Rの問題と乖離があるように思われるので、
「公式問題集5」まででいいかなと思っています。

1回解いたら、
しっかりと復習しましょう。

この復習の大事さも先ほどの記事で解説していますが、
簡単に申し上げると、
TOEICでは出題される範囲が結構限定的ですので、
1回の模擬試験でもしっかりと復習をすることで、
同じような内容のことが問われたり、
単語が出てきたりということが結構あるのです。

ですから、
自分の正解不正解に関わらず、
全文を日本語訳と照らし合わせ、
しっかりと解説を自分でできるようにしてください。

また、リスニング部分については、
英語だけを聞いて日本語に瞬時に訳せるようになるまで、
何度も聞きこんで、英語と日本語訳とを照らし合わせてください。

ただ、700点に向けた学習については、
600点に向けたものとは異なり、
「量をこなす」ことも1つの目的となります。

600点に向けて勉強しているときに比べれば
復習の時間もそれほどかからないと思います。

復習する際は、
公式問題集を暗記するくらいに何度も読み込むということではなく、
1度中身を理解したら次の文章に進み、
しっかり4冊こなすことを意識してください。

これらの作業の中でわからない単語が出てきた場合は、
しっかりとノートにメモするなどして覚えてください。

こうして、単語帳で暗記した単語に加えて
問題集からも知らない単語をどんどんインプットしていきましょう。

1冊の公式問題集には2つの模擬試験が収録されていますから、
上記の4冊に取り組むことで
8つの模擬試験をこなすことができます。

これだけ練習をこなし、
単語の学習を進めることができれば、
700点は固いでしょう。

まとめ

さて、ここまで読んで、
どのような感想をお持ちでしょうか。

「結構やること多いな…」
そう思われた方も多いでしょうか。

模擬試験が1つで2時間ですから、
土日の休みに1問解いて、
それ以外の日に復習を進める、
そしてまた休みに1問解くということを繰り返していけば、
模擬試験の合計8つを2か月で終えることができる
という計算になります。

600点から700点の100点に2か月、
個人的には妥当な期間かなと思います。

また、シャドーイングや音読など、
巷には効率的に見える勉強法もいろいろと発信されていますが、
私はそれらは正しいやり方でやらないと効果がなく、
その正しいやり方かどうかを自分1人で判断するのが
困難であるために独学では難しいと考えております。

その趣旨から、
これらは私のおすすめの勉強法の中には入れておりません。

もちろん、私のやり方だけが正解というわけではありませんから、
ご自身のやりたい勉強法で進めていただければと思います。

最後に、上記4冊をこなしても、
おそらくまだリスニングで聞こえない部分があると思いますし、
リーディングは最後まで終わらないと思います。

これは600点に向けた勉強方法の記事でも書いたことですが、
TOEIC700点という点数帯も、
決して英語がスラスラ読めるというほどの実力ではありません。

リスニングが全部聞こえなくても、
リーディングが全部読めなくても、
これまでの学習で身に付けた知識で、
できるところだけでも解き進めることで
700点であれば十分にとることが可能です。

本番も焦らず落ち着いて、
できる問題を確実に拾っていくことを心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました