スポンサーリンク

TOEIC学習記録①~海外未経験者が960点を取得するまで~

TOEIC
スポンサーリンク

早速家庭教師の話題からずれてしまいますが、自己紹介の一環ということで…

最近自身でTOEICを受験しているのと、生徒さんでTOEIC関連の依頼をいただいたということもあり、しばらくTOEICについて投稿をさせていただきます!!

まずは、自身で960点を取得するまでの道のりを記します!!

スポンサーリンク

海外未経験者でも、全く問題なくTOEIC高得点目指せます!

TOEICと言えば、最近受験者数もどんどん増え、就職や転職、昇進の要件などいろいろなところで活躍する人気資格の1つです。2019年度の総受験者数は約241万人だそうです。

もともと私自身英語が得意ではありませんでした。大学4年生のときに1度受験しましたが、結果は560点、日本人の平均点が600点弱ということですから、平均以下ということです。

もちろん海外留学の経験はなく、というか、そもそも海外に行ったことがありません

ただ、そんな状態から1年間、こつこつ勉強をつづけた結果、先日960点を取得することができました。今も、満点取得に向け勉強中です。

よくネットに書いてある、「これをやれば1か月で200点アップ!!」みたいな方法は知りません。(すみません…(笑))

高得点を取るまでに、時間もそれなりにかかってしまったと思っています。でも、いえ、だからこそ、再現性はどの勉強法よりもあると思っています。

TOEIC900点は受験者の中で上位3.5%ということです。でも、1年くらい時間をかけて、やることをしっかりやれば、TOEIC900点は誰でも取れると、本気で思っています。TOEIC800点とか、700点とか、それ以下の点数であればもっと短期間で達成可能です。

まずは私が、平均点くらいから960点を取得するまでの軌跡を、思い出せる限り細かく記載していきます。

なんでTOEICを勉強しようと思ったの??

最初に書いた通り、私はTOEICの勉強開始まで英語の勉強をほとんどしてきませんでした。高校受験のときや、大学の単位取得のために勉強した程度でした。

海外も行ったことありませんから、英語を必要と思ったこともありません。そんな私がなぜ勉強を始めようと思ったか、

それは…他に勉強することが思いつかなかったから、です(笑)

転勤を機に時間ができるようになり、何か勉強でもしようか、でも何をしたらわからないな…ってときに、思いついたのが英語でした。

要は「とりあえず」英語を勉強しよう、で始めたということです。私は英語の資格についても詳しくありませんでしたから、英語で知っている資格がTOEICと英検くらいしかありませんでした。

調べてみると、英検はスピーキングもあるようで…、TOEICの方がまだ楽かも、ということで、TOEICの勉強をすることを決めました。

勉強するのに理由なんていらないと思う。

よく大層な理由を並べてから勉強を始める人って多いですよね。例えば弁護士だったら、法律で困っている人を助けたい、とか。英語だと、英語を勉強して海外の人と自由にコミュニケーションをとれるようになりたい、将来は英語を使って海外の人とビジネスの取引をしたい、とか。

特にうまく資格を取れた人とか、最初から熱い思いを持って勉強を始めました、って人多くないですか…??(笑)

もちろん、そういう大きな最終目標みたいなものがあるに越したことはないと思います。でも、それがないことがダメってことではないと思うんです。

何をやればいいかわからないからけど、とりあえずわかりやすい目の前の資格の勉強から始めてみる、それで十分だと思います。

始める理由を探すのに時間ばかりかけて何も手を付けられない人よりも、何の考えもないけど勉強を始められる人の方が、数段先に進んでいると思います。

逆にネットで資格名を検索したりすると、その資格取得のメリットよりもデメリットが目に入ってきて、行動に移せなくなったりもしてしまうんです。自分の取ろうと思ってる資格が、「使えない資格」とかって評価されてたら、当然やる気なくなりますよね…

だから、そんなことなって何も動けないくらいなら、何の理由がなくてもまずは動いてみる。これって意外と重要なのかなって思います。

別に大層な理由がなくても、継続はできます。別に人の毎日の行動って、目標があるからできるわけではありません。モチベーションの保ち方や勉強継続のやり方など、これから書けるだけ書いてみます。

まずは私がTOEICの勉強を始めた理由について、「特にない」ということを書きましたが、この「特にない」けどずっと継続できるしちゃんと点数も取れるんですってことが言いたくて、長々と書いてしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました