スポンサーリンク

TOEIC学習記録②(開始から1か月)~海外未経験者が960点を取得するまで~

TOEIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク

勉強開始!!試しに模擬試験を解いてみた!!

前回の記事で記載の通り、
「とりあえず」TOEICの勉強を開始しましたが、
当然、どんな勉強をするべきなのか、
そもそもどんな試験なのかがわかりません。

そこで、まずは模擬試験を買ってみました。

購入した模擬試験が
「TOEICテスト新形式精選模試リーディング 第2巻」
「TOEICテスト新形式精選模試リスニング 第2巻」です。
(いずれもジャパンタイムズ出版)

試しに解いてみました…が、これが難しい。。。

これはあとからわかったことですが、
この「精選模試」シリーズ、
本番の試験よりも難易度高く作られている
ということでした。

最初からちゃんと調べておくべきでしたね…

まずは時間を測り、
本番と同様2時間で
リスニングとリーディングを実施しましたが、
リスニングはほとんど何言ってるかわからず、
リーディングも全然終わりませんでした。

当時500~600点の実力ですから、
この状況は当然と言えば当然です。

ただ、そのときの私からするととてもショックでした。

「こんなん聞こえるようになるの…??」
みたいな感じです。

ここで、今後の勉強方針を決定しました。

模擬試験を解く、そして答え合わせをする。

はい、単純です。

模擬試験を解いて、
そのたびに答え合わせをする、
それだけです。

いろいろと勉強法ってありますよね。

シャドーイング、スラッシュリーディング、音読、ディクテーション…。

でも、まず私はそれらを知りませんでした。

だから、解いて答え合わせをすることしか
思いつかなかったのです。

よくよく考えれば、ネットで検索すればすぐに
出てくることばかりですが…

模擬試験の演習を行うときは、
一般的に、200問全部を一通り解いてから答え合わせ、
という流れがいいと言われています。

ただ、私は1問解くごとに答え合わせをしていきました。

これは、単純に一通り解いて、
毎回点数を出していては、
どんどん自信がなくなっていくと思ったからです…。

どうせ大した点数取れないし…。

あとは、毎回リスニングは聞けない、
リーディングは時間内に解ききれないとなれば、
モチベーションも下がるだろうなとも思ってました。

私は、モチベーションを保つことができる
勉強法をすることを1番に心がけました。

そもそも勉強が大好きということでは
ありませんでしたから、
さらにやる気の下がる勉強法なんてやっていたら、
一瞬で挫折する自信がありました。

だから、自分が続かないと思った勉強法は
すぐにやめることを意識しました。

1問解いて答え合わせ、
には他にも良い点があります。

それは、問題の内容をよく覚えているうちに復習ができる、
ということです。

一通り解いてから答え合わせをするのでは、
その問題の内容や考えたプロセスを
忘れてしまうことも多いと思います。

だから問題を解いたら
その場で答え合わせをすることで、
間違った解き方や足りない知識を認識し、
修正することができます。

ここで大切なことは、
正解の問題も、間違った問題も、
全部日本語訳や解説を確認する、
ということです。

すでに実力がある人は、
間違った部分だけ確認すれば十分かもしれませんが、
600点程度の実力では、
半分近くは間違った解答をしている、
ということになります。

たとえ正解だとしても、
それが正しいプロセスでたどり着いたものとも限りません。

もしかすると、
たまたま選んだものが正解ということもあるでしょう。

また、正解した問題でも、
聞き取れなかった部分や
うまく日本語訳できなかった部分などがあるはずです。

そういった部分をしっかり確認することで、
知識を増やしていくことが大切です。

解き直しは…全くしませんでした!!

模試の使い方、などの解説ページには、
「模試は最低3回以上解こう」なんて
書かれていることって多くないですか??

私は、模試は1回解いて、
答え合わせをしたらそれで終了にしました。

なんで何度も解きなおさなかったのか…、
それは、解き直しをすることに対してモチベーションが
上がらなかったからです。

同じ問題を解くって苦痛じゃないですか…??

だから、TOEIC960点を取得するまで、
同じ模試を解き直すということは
1度も行いませんでした。

そんなことやってたら、私は長い期間継続できません。

わがままかもしれませんが、
勉強しているだけいいでしょ…??と思っています(笑)

実際、苦痛な勉強をして途中でやめるよりも、
少し効率が悪くても好きな勉強法で継続している方が
よっぽどマシだと思います。

こんな理由から、
TOEIC勉強開始から1か月間は、
模試を解いて、1問ごとに答え合わせ、
スクリプトや和訳を確認する、
という勉強法を続けていました。

まだまだ、
このTOEIC学習記録は続きます。

【紹介】(附属高校受験ならお任せください!)オンライン個別指導塾 橋本

日々こうして受験や勉強についての情報を発信させていただいておりますが、
私自身で附属高校受験を中心としたオンライン個別指導塾を経営しております。

無料の面談や体験授業等もございますので、
お気軽にご連絡ください。
サービスの押し売り等は決して致しません。

詳細は以下の記事を参照ください。よろしくお願い致します。

【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 | 【附属高校受験ならお任せください!】オンライン個別指導塾 橋本 (aspirationalregularworker.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました